おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

比較ランキング第2位は、SytemAnswer(システムアンサー)です。

SytemAnswerは、アイビーシー株式会社が2008年12月にリリースしたサーバー監視ツールです。

リリースされてから現在までシリーズ化されていて、継続的にアップデート版がリリースされています。

1,400以上の導入事例があり、有名企業が利用していることでも知られています。

サーバー監視ツール運用担当者の様々な悩みを解消できるように多くの工夫がなされていて、ストレスフリーなサーバー監視環境を実現してくれます。

2018年10月現在、初代SytemAnswerのサーバー監視ツールは販売を終了しています。

代わりに、「SytemAnswer G3」「SytemAnswer G2」という2つのサーバー監視ツールが用意されています。

サポート体制が充実していることも特徴で、導入支援サービスと運用支援サービスにより導入時も導入後も安心してサーバー監視ツールを使い続けられます。

100社以上の機器のMIBテンプレートの範囲であれば、非常に簡単に詳細な監視設定が可能というのもメリットです。

一方、監視システムの構成自体が複雑になるケースがあるというデメリットもあります。

導入事例は1,400以上!有名企業も利用するサーバー監視ツール


比較ランキング第2位のSytemAnswerは、アイビーシー株式会社が2008年12月にリリースしたサーバー監視ツールです。

リリースされてから現在までシリーズ化されていて、継続的にアップデート版がリリースされています。

アイビーシー株式会社は2002年に創業されてから10年以上ネットワーク監視に特化して経営を続けてきた会社です。

自社開発に強みを持っていて、製造業からサービス業まで、1,400を超える幅広い分野の企業から導入された実績を誇ります。

導入事例の中には有名企業の名前も並び、国内で利用されている監視ツールとしては定評があります。

ホームページで紹介されている導入事例は従業員数が200名以上の会社が多いです。

運用担当者の様々な悩みを解決


SytemAnswerには、サーバー監視ツール運用担当者の様々な悩みを解決できるような配慮と工夫が用意されています。

例えば、「機器ごとにツールが違っていてどれをチェックすればいいか不明である」という悩みに対しては、「100社以上のネットワーク関連機器に対応しているマルチベンダー対応」という解決策が用意されています。

このマルチベンダー対応により、複数の機器も一元管理ができるようになります。

また、「過去の蓄積データがサマリーされてしまっていて使用できない」という問題に対しては、「1分間隔で集めたデータを3年の間非圧縮で保存する」という解決策が示されています。

過去のデータも問題なく確認することが可能です。

そして、「経営層にタイムリーに報告できない」という問題については、「自動レポート出力により工数を削減する」という解決策が設定されています。

「障害が見つかった際の原因がわからない」という悩みには、「レポートのグラフ化やトポロジー描画により、障害が起きている部分を視覚的に確認できる」という解決策があります。

「サーバー監視の運用担当者がいなくなった/不在である/連絡が取れない」という問題には「わかりやすい日本語UIにより誰でも操作しやすい」という解決策が示されています。

また、「レポートの工数がかかりすぎていて仕事にならない」という問題には、「契約者それぞれの独自フォーマットによりレポートを作成してくれる」という機能で解決策が示されています。

このように、SytemAnswerは全てのサーバー監視ツール運用担当者をストレスフリーな環境に導く答えがあるのです。

サーバー監視ツール「SytemAnswer」の機能を紹介


2018年10月現在、初代SytemAnswerのサーバー監視ツールは販売を終了しています。

代わりに、「SytemAnswer G3」「SytemAnswer G2」という2つのサーバー監視ツールが用意されています。

こちらではSytemAnswer G3の機能について解説します。

まずは、「監視設定の自動化」という機能が用意されています。

SytemAnswer G3は116のメーカーと3,591種類の監視項目の中から、必要な情報を自動的に判断して設定を行ってくれます。

さらに、構成が変わってしまった場合の設定に関しても自動で追従してくれるので、サーバー監視ツール運用にかかるコストを削減できるのはもちろん、設定のミスを防止することによりシステム状況を確実に把握できます。

そして、「分析の自動化」という機能も用意されています。

全てのデータを長期的な視点と短期的な視点の両方から自動的に分析してくれ、システムが変わっていく様子をリアルタイムに検知して問題が起きる前に対策するための情報を伝えてくれます。

具体的な分析の例としては、長期的な傾向を把握するために時間別偏差を使用したゆらぎの算出による「ベースライン」が用され、そして短期的なシステムの変化を確認するための機能としてリアルタイム分析ができる「トレンド分析」が挙げられます。

また、SytemAnswer G3は死活監視に品質監視を加えたサーバー監視ツール

従来の短期的な定点監視から、新しい長期的な経過監視へとサーバー監視ツールの未来を見据えたプロダクトになっています。

死活監視の領域である「稼働状況」と並行して、品質監視の領域である「遅延が発生していないか」という項目についても可視化して運用担当者へ伝えてくれ、長期的な傾向の監視を実現してくれます。

さらに、監視対象機器の規模に応じて監視システムの構築と運用を実現してくれます。

加えて、セグメント単位での登録と、応答がないノードの自動除外処理により、設定をより簡単にしてくれます。

つまり、簡単な設定で大規模な監視を実現してくれるのがサーバー監視ツールSytemAnswer G3なのです。

 
【システムアンサー】の機能一覧を見てみる

 

サポート体制が充実していて導入しやすい


SytemAnswerの特徴として、サポート体制が充実していることも挙げられます。

導入支援サービスが実施されていて、設置サービスやインストールのサポートが行われています。

さらに、監視のための初期設定を行ってくれるサービスやセットアップしてくれるサービスも。

契約者それぞれの環境に合わせて最適な監視設定を実現してくれます。

監視設定はヒアリングシートの内容に基づいて行われ、それぞれの監視対象機器の推奨項目をベースとして契約者の要望に添って設定してくれます。

また、運用支援サービスが提供されていることもSytemAnswerが選ばれるポイントです。

導入直後の製品の使用方法・活用方法をレクチャーしてくれたり、性能監視項目を見直ししてくれたり、SytemAnswerのサーバー監視ツールを有効活用するためのサポートを行ってくれます。

性能監視へ精通した豊富な経験を持った技術者が、導入の直後はもちろん定期的な訪問により導入後の「わからないこと」を解消してくれます。

サーバー監視ツールSytemAnswerのメリットとデメリット

SytemAnswerのメリットとしては、導入・運用支援やレポーティング・ポイント分析サービスなど導入前後の技術サービスが充実しているというものが挙げられます。

また、100社以上の機器のMIBテンプレートの範囲であれば、非常に簡単に詳細な監視設定が可能というのもメリットです。

それに対して、MIBテンプレートが用意されていない機器については監視設定ができないことがデメリット。

この場合はメーカーに依頼して追加してもらう必要があります。

また、監視システムの構成自体が複雑になるケースがあり、運用担当者を困らせる可能性があることもデメリットです。