おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】


比較ランキング第1位は、Patrolclarice(パトロールクラリス)です。

Patrolclariceは、株式会社コムスクエアによって1999年に開発され2005年に製品化、販売が開始されたサーバー監視ツールです。

「国産エージェントレス監視」の草分け的な監視ツールであり、利用社数は4000社を突破しています。

「かゆい所に手が届く」そんなきめ細かい監視設定と運用のしやすさは、数多くの導入企業から高い評価を得ています。

Patrolclariceはエージェントレス監視でありながら、ネットワーク・ハードウェアリソースなどの基本的な監視から、各種サーバーOS・各種アプリケーションに至るまで豊富な監視機能をもつサーバー監視ツール。

開発部隊によるきめ細やかでスピーディーなサポートが提供されています。

監視・運用サービス事業者向けには24時間365日のサポート体制があるのも嬉しいポイントです。

監視対象ノード数ではなく、豊富な監視機能のうち、使う機能にのみ費用がかかる特徴的なライセンス体系が魅力です。

また、無料で使える死活監視(PING)やSNMP監視などの機能があるのもならではの特徴。

幅広く深い高度な監視設定により効率的な運用が実現できるできるため、監視運用の品質向上と工数削減を両立できることがメリットです。

さらに、同社が提供しているソフトウェアロボット(RPAツール)や、自動電話通報サービス(Cloud)と連携することによって、人が行っていた運用業務の自動化を促進できることも大きなメリット

一方、デメリットとしてはハイスペックなサーバー監視ツールであるため「簡易的なサーバー監視ツールで十分」という人にはオーバースペックになるかもしれないというものが挙げられます。

4,000社以上の利用実績!国産エージェントレス監視の草分け


比較ランキング第1位のPatrolclariceは、株式会社コムスクエアによって1999年に開発され2005年に製品化、販売が開始されたサーバー監視ツールです。

「国産エージェントレス監視」の草分け的な監視ツールであり、利用社数は4000社を突破しています。

出発点が自社データセンターということもあり、国内データセンターやMSP事業者など、監視・運用サービスの基盤としての実績も多く、顧客要望を取り込みバージョンアップを重ねてきたことで有名です。

かゆい所に手が届く、きめ細かな監視設定と運用のしやすさに加え、カスタマイズ性の高さに定評があります。

複数の監視ツールを1つに統合する事を得意としています。

Patrolclariceはエージェントレス監視でありながら、ネットワーク・ハードウェアリソースなどの基本的な監視から、各種サーバーOS・各種アプリケーションに至るまで豊富な監視機能をもつサーバー監視ツール。

開発部隊によるきめ細やかでスピーディーなサポートが提供されています。

監視・運用サービス事業者向けには24時間365日のサポート体制があるのも嬉しいポイント。

ライセンスと価格についてはこちら

 

Patrolclariceがおすすめな6つの理由


Patrolclariceには6つの特徴があり、これらを考慮することによりランキングを1位に決定しました。

1つ目の特徴は、導入と運用の負担を軽減するための「エージェントレス方式」です。

エージェントのインストール作業が不要になっている上、エージェントのバージョンアップなどメンテナンスも不要になっています。

稼働しているシステムをストップすることなくサーバー監視ツールの導入ができます。

そして、2つ目の特徴は幅広い監視ニーズに応えるために「豊富な監視機能」を用意してくれているというもの。

従来であれば複数の製品を使って実施していた様々な監視を、Patrolclariceならこのツール1つで全て監視できます。

幅広いサーバーOSに数多くのネットワーク機器を統合監視する機能が加わり、契約者それぞれの個々の要望に応じた特殊な監視も実現してくれます。

そして、3つ目の特徴は運用管理者が必要とする「高度な監視機能」が挙げられます。

無駄なアラートの発生を簡単に制御できるほか、監視の停止や実行スケジュールをラクラク設定できます。

つまり、自由度が高いため柔軟な検出条件・通知条件を設定できるということです。

そして、4つ目の特徴が「少ないリソースでも高い監視パフォーマンスを発揮する」というものです。

Patrolclariceは1バイトにこだわった高性能監視エンジンであり、大規模システムの監視も監視サーバー1台というシンプルな構成で対応してくれます。

監視の途中であっても管理画面の操作が軽く早い上、スムーズに行えます。

5つ目の特徴は、「運用管理の業務を支えるための充実した管理機能」です。

Patrolclariceには運用を効率化できるような機能がオールインワンで備わっていて、監視運用に必要な数多くの情報をブラウザ経由で簡単に管理できます。

GUIは純国産・完全日本語であるため直感的に扱いやすく、マニュアルがなくとも管理を行えるでしょう。

そして6つ目の特徴は、「必要な分だけ購入できるという柔軟なライセンス体系」です。

不必要な監視機能にコストをかけなくて済むため、コストを軽減できます。

死活監視は無料かつ無制限であり、その他の監視機能も必要なものだけを選定できます。

【パトロールクラリス】の機能一覧を見てみる

 

サーバー監視ツールPatrolclariceのメリットとデメリット


最後に、Patrolclariceを利用すべきメリットとデメリットについて解説します。

まずは、幅広く深い高度な監視設定により効率的な運用が実現できるできるため、監視運用の品質向上と工数削減を両立できるというものが挙げられます。

さらに、同社が提供しているソフトウェアロボット(RPAツール)や、自動電話通報サービス(Cloud)と連携することによって、人が行っていた運用業務の自動化を促進できることも大きなメリットです。

また、ユーザー管理画面「マイパトロールクラリス」にはナレッジ共有スペースがあり、運用ノウハウやQAの情報が豊富に蓄積されているのは非常に利用しやすいポイント。

一方、高度な監視運用を必要としていない利用者にとってオーバースペックとなるケースがあることはPatrolclariceのデメリットです。

つまり、ハイスペックなサーバー監視ツールであるため「簡易的なサーバー監視ツールで十分」という人には持ち腐れとなってしまうかもしれません。

また、ライセンス体系が特徴的なため柔軟な見積が可能な反面、見積が複雑になるケースがあるというのもデメリットです。

そんなPatrolclariceのメリットとデメリットを実際に体験してみるために、まずはフリー版のPatrolclariceを導入してみてはいかがでしょうか。

エージェントレスをベースにした監視機能が60種類以上用意されているうち、フリー版では死活監視機能と運用管理機能を利用できるようになっています。

フリー版を試してみて「使い勝手がいいかも」と感じた際には、有料版へアップデートしてみてもいいでしょう。

また、特徴的なライセンス体系の魅力を感じるためにも、資料ダウンロードや問い合わせをしてみるのがおすすめです。

サイト内検索
記事一覧