おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールを使う際に役に立つ本の種類とは?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/17

サーバー監視ツールを使ってサーバーの管理をしていきたいときに何か役に立つ本はないのかと考えることもあるでしょう。どんな種類のものを手に入れたら有効活用できるのでしょうか。監視業務を担うエンジニアにとって有用なのはどんな種類のものなのかを確認しておきましょう。

サーバーや監視に関する実用書は必ず役に立つ

サーバー監視ツールを使うときに参考になる本の種類としてまず挙げられるのは実用書です。サーバーや監視についての実用書を手に入れれば必ず役に立つでしょう。ツールを使うためには基本的なサーバーに関する知識があることが不可欠で、その根本的な理解がないのであれば初歩的な実用書をまず読んでみることが大切です。

サーバーのアーキテクトやOSの特性などを理解していなければ監視はできないので、ハードとソフトの両方についての知識を付ける必要があります。そのための基礎的な情報が詰まっているのが実用書の優れているところです。

また、サーバー監視では何をしなければならないのかを具体的に理解していない人もいるかもしれません。サーバーの動作を安定させることが目的だとわかっていても作業的に何をすれば良いのかがわからないこともあります。実用書には具体的な作業についての記述もあるので何をすべきかを明確にできるでしょう。

実際に業務に携わっているときにも辞書的に使用することができるのは実用書のメリットです。具体例を挙げて、このようなときにはこう対処するということが記載されているので、問題が生じたときにはその内容を参照して対応することができます。未知の場面に遭遇すると何をすべきかがわからなくなるのはもっともなことなので、現場に一冊は用意しておくのが無難です。

監視のためのスクリプト集も有用

サーバー監視ツールを使用する意義を大きくするためにはスクリプトを作成して自動実行する仕組みを作り上げることが肝心です。監視業務において重要なのはただサーバーの状況をチェックすることではなく、異常があるときに速やかに対応をすることです。

その対応の的確さと迅速さを担保するうえで有用なのがスクリプトを作成する方法で、異常が発生したときに自動的にスクリプトを動かして対応できるようにする必要があります。

そのスクリプトの作成を補助するという点で有用な本がスクリプト集です。監視ツールに組み込めるスクリプトを集めてある本を手に入れれば、状況に応じてさまざまなスクリプトを速やかに作成できるようになります。

いわゆるマニュアルもツールを使うには必須

サーバー監視ツールを最大限に活用するのに必要な本の種類としてマニュアルも挙げられます。ツールによってはマニュアルが整備されていなくて、どんなことができるのかがはっきりとしていない場合もあるのは事実です。

きちんとマニュアルができていればそのツールを使って何ができるのかがはっきりとわかります。マニュアルを読んでみると自分では想像していなかった監視のやり方があるのに気付く場合もあるでしょう。

また、ツールの機能を確認していくうちに業務負担を軽減する方策を思いついたり、効率を上げるための設定の仕方を発見できたりすることも少なくありません。ユーザーが多いサーバー監視ツールの場合にはオフィシャルに提供されているマニュアルだけでなく、ユーザーが独自に作成したマニュアルが存在していることもあるので有効活用しましょう。

 

サーバー監視ツールを活用する際にはサーバーや監視業務に関する知識が必要なので、その実用書が手元にあると役に立ちます。実用書には基礎知識から具体的な作業内容まで記載されているので現場に一冊は置いておくのが無難です。

スクリプトを作成して自動で異常に対処できるようにするのはツールを使ううえで重要なことなので、スムーズに作成できるようにスクリプト集もあると便利でしょう。また、マニュアルはツールを最大限に使いこなすために欠かせないものなので手に入れておくに越したことはありません。

サイト内検索
記事一覧