おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視サービスとサーバー監視ツールの違い

そもそもサーバー監視とは何を行うものなのか、理解できていないという人も多いでしょう。

インターネット上でシステム運用などサービスの提供を安定させるには、サーバーを監視することが必要になります。

常に快適なサービスの提供を可能にしておくには、サーバー監視サービスやサーバー監視ツールはとても重要なものなのです。

サーバー監視サービスとはどのようなものか

インターネットでのサービス運用には、さまざまなサーバーのトラブルが起きます。

トラブルにより、機会損失や人的な負担も増えてしまうのです。

サーバー監視サービスでは、専門の技術者がこのようなリスクから企業を守って、問題を解決してくれます。

サーバー監視サービスは、インターネットに接続されているネットワーク機器やサーバーから異常を伝えるアラートが発せられた場合、アラートを受信したスタッフが対処が必要かどうかの判断を行います

その後の処理なども代行してくれるので、企業やサーバー担当者のサーバー運用における負担を大幅に軽減することができるのです。

通知を受信したら最初から定められている運用フローに従って、内容に応じて関係者へ連絡したり、オンラインや遠隔操作により復旧作業などの代行をしてくれます。

サーバーを監視する一番の目的は、サーバーが原因となりサービスが提供できなくなったのかを管理者がいち早く知ることです。

サーバーに障害が起こってしまったときに、サーバー監視を行っていれば障害が発生しても迅速に対応できるようになります。

サーバー監視ツールとは何なのか

サーバー監視ツールは、ネットワークの負荷やサーバーの状態を測定して必要であればアラートを発したり、自分で対処してくれるソフトウェアのことです。

基本的にはネットワークで流れているデータ量やCPU使用率などの数値などを測定したり、本来動いているはずのものに異常が起こって停止していないかなどの監視も行います。

常に数値や状態を見ているため、通常の状態とかけ離れてしまった時に、通知音などでアラートを発して知らせたり対処を行うのです。

サーバーを監視するといっても、さまざまな視点から見ることが必要となります。

サーバー監視ツールには、全体的にバランスがとれている商用製品と、オープンソースソフトウェアのような自由度が高い製品があります。

オープンソースソフトウェアの中には、さまざまな種類のサーバー監視方法のうちでも、特定の監視方法が得意なものも存在しています。

このようにサーバー監視ツールは、システム運用においてもともと人間の目で監視していたものを、代わりに行ってくれる製品なのです。

サーバー監視サービスとサーバー監視ツールの違いは

サーバー監視サービスとサーバー監視ツールでは、一体何が違うのでしょうか。

サーバー監視サービスには有人のものもあります

有人であれば、専門技術を持っている担当者が常に監視を行っているので、サーバーに異常が起こるのを迅速に検知して報告や復旧を行ってくれます

有人サーバーでの監視の場合、異常を検知してから担当者へ報告するまでが業務の場合と、復旧作業を行うまでが業務の範囲であることもあります。

しかし有人の監視では人の手がかかってしまい、人件費がかさんでしまうことがあります。

ですから費用を抑えるために、サーバー監視ツールを導入する企業が一般的になっています。

近年サーバー監視ツールは、非常に進化を遂げています。

費用の抑制や安定したサーバー監視を望むのであれば監視ツールを、迅速な対応を望むのなら有人サービスも利用するなど、導入する目的を明確にしましょう

製品を選ぶ場合は、コスト面や何を重点的に監視したいのか、各製品の特徴などをしっかりと比較してから検討すれば選びやすくなるでしょう。

おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツールランキングはコチラ!

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://server-kanshitool.info/column/tool-service-difference/

トップページへ戻る