おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視システムを導入する目的とは?

現在はインターネット社会です。

インターネットにかかわっていない人は乳幼児を除いてはほとんどいないといっても言い過ぎではないかもしれません。

それほどまでにインターネットが発達した分、その恩恵を受けるにあたってのリスクは皆無だと自信を持って言える人も少ないでしょう。

それだけに、様々な注意が必要となっているのが現実です。

 

サービスの提供のために必要なこと

ウェブサイトや様々なシステムなどのサービスを安定して供給するためにはサーバー監視システムといわれる業務が必要です。

ウェブサイトなどを問題なく運営するために必要不可欠なことはそのサービスを安定した状態で常に提供できるようにするということです。

そのために必要とされるのがサーバー監視システムです。

このシステムはハードウェア、パフォーマンス、アプリケーション、ネットワークなどの監視を行っています。

これらのものは商品やソフトウェアとして存在しており、監視の種類などを合わせるとその選択肢はけっこうたくさんあるようです。

 

サーバーの運営上常に必要とされる状態

基本的にはサーバーはいつでも、必要とされる場合には常に良い状態で正常に動いて運営されていなくてはなりません。

利用者はその必要があるときには、いつでも安心してそのサービスを利用できるということが当たり前と考えるでしょう。

しかし、何らかのトラブルに見舞われた場合にそれは不可能となってしまうので、そういう状態がないようにするためにサーバー監視システムがあるのだといえるかもしれません。

システムにはいろいろな種類があると前述しましたが、監視にもあり、大きく分けると正常監視と異常監視になります。

正常監視とは、正常に動いていることをきちんと監視しているといいう状態をサーバーの管理者がいつもわかっていることができるようにすることです。

たとえば、ツールの画面に正常であるということが表示されていて、いつもその表示を見ることができるということです。

反対に異常監視とは、何かの問題があってサービスの提供を妨げているということを管理者に通知することです。

通知の方法はツールの画面への表示、音声、ランプの点灯の他メールでの通知などです。

 

システムを導入する際の1番の目的

そしてサーバー監視システムの最大の目的がまだあります。

それは、何らかのトラブルが原因でサービスを提供することができなくなっているという状態をいち早くそのサービスの管理者に知らせることです。

どんなことでもそうですが、トラブルの際に必要なのは素早くその問題の解決を図ることです。

逆の立場に立ったとして、もしもそのトラブルに遭遇してしまった場合には、少しでも早く解決して元通りにしてもらいたいと考えるでしょう。

ですから、それを迅速に行うためにはトラブルの発生を早く知ることだというのは当然であり、早ければ早いほど解決も早くなるのも当たり前ではないでしょうか。

サーバー監視システムは、利用者が安心して利用できるような状態、要するに安定したサービスを常に提供するために必要不可欠なものだということです。

 

いつもサーバーが正しい状態で動いているかどうかを常に監視してくれるシステムだともいえます。

そして、万が一正常ではない動きがあった場合には、すぐに管理する人に知らせることが必要で、そのためには今、現在正常に動いているという報告、トラブルが発生したときにその異常を迅速に知らせることが重要です。

前者を正常監視といい、後者を異常監視といいます。

サーバー監視システムは、サーバーの管理者が異常をすぐにわかるようにすることが1番の目的だということができるでしょう。

サイト内検索
記事一覧