おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視の仕事は厳しい?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/13

多種多様なサービスを担うサーバーにトラブルがあると、ビジネスなどに悪影響を及ぼします。

基本的にサーバーはひとたび機能すると24時間体制で運用する必要があります。

多くのサーバーは万一に備えいろいろなハードディスクを実装し同期させ、サービスが途切れないようなシステムになっています。

サーバーからすれば信頼は大切で、とても高い安定性を持ったサーバーは数多いユーザーに選ばれています。

こうしたサーバーを監視する仕事が注目されています。

 

サーバー監視に関する業務の役割

サーバー監視の役目は、利用者が継続的にサービスを活用することができる状況を保つことにあります。

サーバーにはビジネスばかりか交通機関の運行についての管理や震災時の情報通信を務めているものもあり、こうしたサーバーでは安定的なサービスが求められます。

通常の場合サーバーは予備システムがセットされていることから、問題が生じたケースでは即刻変更を行い、安定性をキープするよう応対します。

サーバー監視はサービスの提供者に代わりスピーディーに障害を見つけ出し、システムが替わるまでストップする時間を可能な限り短くするという役割を果たします。

したがって、監視業務の責任は重いといえます。

 

サーバー監視の具体的業務の中身

サーバーがストップしていないかを確かめるのは死活監視と呼称される業務で、外から所定の信号などを送り込み、システムそのものが故障していないかをチェックします。

信号については一定時間間隔で送り込み、リアクションがない場合は管理者へ連絡を実行します。

また、 サーバー管理者が供給しているサービス自体が正しく稼動しているかを調べる業務もあります。

供しているサイトに訪問し、利用者と一緒の周辺環境でサービスが稼働しているかを確かめることもあります。

また、利用者が問題なくサービスにアクセスできているのかを確かめます。

サーバーがストップしていないケースでも、サーバーの有している機能以上の負担がかかるとアクセスに時間が掛かり、ストレスがかかります。

監視に関する業務ではCPU並びにメモリの状況から、サーバー自体がどの程度の負荷を受けているのかを調べます。

さらに、ウイルス並びに外からの攻撃に対処するのもサーバー監視の業務内容です。

以前に攻撃され情報流出したというケースもあり、監視業務は信頼性を保つ重い役割を持っています。

 

監視業務は重い責任と緊張感が伴う

サーバー監視の業務については、非常に重い責任を負うものといえます。

そして、器材のエラーを検知することが監視に関する業務の目的です。

ですので、監視端末に対して根気強く取り組む集中力を欠かすことができません。

近年では、24時間体制で動作するネットワークがあたり前のようになっています。

ですから、日勤のみでなく夜勤においても監視に関する業務を担当することが想定されますので、厳しい一面もあります。

そして、かりに単独での勤務であったとしても気を緩めず、ネットワークエラーを速やかに見付け出す緊張感が要されるでしょう。

 

サーバー監視に関しては、ネットワークシステムをキープするための非常に重要な業務といえます。

ネットワークについてはいまでは会社組織にとって大事なインフラとなっており、正しく動作することが当然とされています。

しかしながら、ネットワークが支障なく機能するためには、エンジニアに因る持続的な監視業務を欠かすことができません。

膨大なデータ数値を取り扱う場合は、サーバーそのものが負荷に耐えることができずに動かなくなってしまう可能性もあります。

サーバーが正しく動いていることを確かめるためにも、サーバー監視者は不可欠です。

そして、24時間体制で行う業務は、重い責任と緊張感を持った業務といえるでしょう。

 

サイト内検索
記事一覧