おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視を行うためにはスキルが必要?

サーバー監視を務める場合、サーバーやセキュリティに関係した専門的な知識に加えて、ネットワークの広い範囲の知識も不可欠です。

保守を行うときには、問題発見力並びに解決力、前もって阻止する対策力などのキャパシティーを欠かすことができません。

スキルアップを望むなら、上流タスクの知識やテクニック、OSやネットワークに関しての資格を手に入れておくと良いでしょう。

 

広範囲に及ぶ知識とスキルが必要

サーバーに関しては、データベースサーバーまた、ウェブサーバーやメールサーバーなど数多くのタイプがあります。

従って、サーバーの専門的な知識が必要です。

また、OSおよびセキュリティについての基礎的知識も必要になります。

とくに、セキュリティに関係する広い範囲の知識が入用となります。

コンピューターウイルス並びにクラッキングなど、悪意をあわせ持った攻撃については年を経るごとに増加しており、技法も巧妙化しています。

その結果、処理できる知識とスキルが必要です。

さらに、ネットワークに関しての知識も不可欠です。

サーバー構築にはサーバーの知識は勿論、ネットワークに関する知識も重要になります。

サーバーコンピューターに関しては、別のクライアントコンピューターとリンクすることで作用するコンピューターです。

別のクライアントコンピューターとリンクするためには、ネットワークを介することが求められます。

結果として、ネットワークに関しての知識も大切です。

そして、サーバーの運用保守においては、サーバー自体が適正に働き続けているかを監視し、仮に懸案事項がでればスピーディーに要因究明および復旧を実践します。

従って、問題発見および回答を見つけるテクニックが要ります。

ほかにも、あらかじめ不備のないように対策を実施しておく技能も要求されます。

 

スキルアップを狙うために取っておきたいスキル

また、キャリアアップを望むなら上流工程の専門的な知識やスキルを会得しておくと賢明でしょう。

それに加えて、資格取得するというのもひとつの賢明な手段です。

主としてサーバーエンジニアが確保しておくと有効性が高い資格があります。

OS関連の資格として、Linux技術者認定試験やマイクロソフト認定プロフェッショナル認定があります。

また、ネットワークに関係した資格としてCCNAの資格があります。

さらに、CCNPはCCNAの上位資格として取得の価値があります。

システム構築や管理技術力のみならず、企業LAN並びにWANの計画や保守などを行うキャパシティーを有していることを証明します。

 

身に付けると有効性が高いスキル

また、業務を実行するうえで、身に付けておくと力を発揮するスキルがあります。

まず、 コミュニケーション能力があげられます。

実際的な業務はチームを通して実施することが多く、様々なディスカッションもあることから、非常に高いコミュニケーション能力が会得されていると実際の仕事で重宝します。

また、英語力もスキルとして習得しておいた方が良いでしょう。

グローバル化が進行し関係書類などが英語で記載されていることもあり得ます。

その影響で、英語力があると円滑に仕事を実行できるでしょう。

 

サーバー監視業務はサーバーの保守を実施しますので、サーバーの専門的な知識だけあればよいと考えがちですが、現実的にはそんなことはありません。

サーバーコンピューターは独自にサービスを供することなどありません。

ネットワークを通じてほかのクライアントコンピューターとつながり、1つのコンピュータシステムになることを通して役割を果たします。

従ってネットワーク基礎知識セキュリティに関する知識など広範囲の知識が必要となります。

その上サーバーの構築に不可欠な、WindowsもしくはLinuxの専門的な知識も求められます。

また、コミュニケーション能力などの現場対応力も必要です。

サイト内検索
記事一覧