おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールは性能が大事!どんなことができるの?

新たなシステムやサーバー導入を考えたり、利用しているシステムのサーバー監視に対する危機管理や体制に疑問を感じた場合、予想されるトラブルやリスク管理の対応策としてサーバー監視ツールを利用すると思います。

サーバーを用いたWebサービスやトラブルなくシステムを運用するために、様々な種類のサーバー監視ツールがありますが、その中で自分が必要としている内容に合った性能の監視ツールを選択することが重要です。

監視の目的と必要な範囲の明確化をしましょう

サーバー監視ツールは、サーバーが正常に稼働しているかどうかを随時確認し、障害発生時に通知する業務です。

企業にとって、トラブルが起きた際の業務停止や遅延は重大な損失となるので避けなければなりません。

そのために、サーバーやネットワーク機器が正常に動作しているかを監視する死活監視と、ネットワークを利用した際のレスポンスを監視する遅延監視や経路監視、そして、ネットワーク機器の状態を把握するためにリソースを監視する状態監視とリソース監視があることを押さえ、今必要としている監視ツールはどのようなものかをはっきりとし、機能や性能、ネットワークの変更の多さなど様々な種類から適切なものを選んでいくことが重要です。

どの機能が必要かは目的が明確であれば、そのために必要な機能や範囲もわかり、ツールを比較することができます

逆に、目的が明確でないとサーバー監視ツールの選定基準が曖昧になり目的にあったものが選べません。

企業にとって、重要なサーバーを24時間365日障害もなく性能低下もせずに運用を行うためには、エンジニアによる24時間の監視であったり、休業日や夜間もメールや電話でのサポートを必要とします。

それらの要望にきめ細やかに対応できる性能を含んだ監視ツールを選択することが重要です。

様々なサーバー監視ツールの中から選ぶ際の注意点

企業において利用しているサーバーは、その重要性から365日24時間絶えず監視する必要があります。

そのため、目的や利用範囲に合わせて様々な監視ツールが存在しますが、具体的にはどのツールを選べばいいのか検討する方も多いのではないでしょうか。

そこで、監視ツールを選ぶ際に気を付けておくポイントをいくつか押さえておきましょう。

まず、費用の面ですが、いくら高性能だからといって利用料が莫大なものは、経費を圧迫したり、トラブルの際に利用料を気にして対応に集中しにくい場合もあるでしょう。

そのような時は、サポート利用料が月額制のものを選びます。

中には使う機能にのみ費用がかかり、インシデント数は無制限とするものもあるので、やり取りの回数を気にせず障害対応の相談が利用出来ます。

トラブル対応について気がかりなことは出来るだけ減らしておくといいでしょう。

また、監視ツールを利用していると、監視の時間間隔や設定等を変更したい場合や、利用していく上で、監視結果の通知の受け取り方や種類の変更をしたい時があるかもしれません。

そのような時のために、今利用している機能の内容を事前に把握し、時には違うツールに変更してもいいように他の監視ツールの情報も確認しておきましょう

豊富な監視機能をもつ監視ツールは数多くあります。

その中でその時々で状況にあったツールを選択できるよう事前に情報を確認しておくことが重要です。

ツール選びで失敗しないためには

サーバー監視ツールは、サーバーが不安定になったり、トラブルが発生しないようにリスク管理をし、不具合が起きた倍場合に迅速な対応が求められます。

それに対する監視ツールは、HTTPしか計測できない性能のツールもあれば、数十種類のプロトコルを計測できるものもあります。

事前に監視対象システムがどのプロトコルを使っているのかや、どのプロトコルを監視する必要があるのかを明確化します。

しかし、本来求めている性能は何かを具体的に把握せずに、サーバーやネットワーク、セキュリティの全てを対象とした統合監視タイプのツールを安易に導入してしまう場合があります。

そうすると多機能である分、高度な運用技術が必要となり、担当者が使いこなせずに、本来の業務の生産性が落ちてしまうことや、本来は必要ではないツールも導入されてしまうためコストが更にかかってしまうことがあります

サーバー運用において重要なポイントの監視ツール選びですが、導入で失敗しないためには、自社が運用しているサーバーのタイプや規模を踏まえて、何が今必要なのか目的を把握し、最も適した性能のサーバー監視ツールを選ぶことが重要です。

サイト内検索