おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視はなぜ必要なの?その理由は?

社内向けや商用利用に限らず、サーバーを使ってシステムを構築するなら監視する体制も作らなければいけません。

現在は安定して稼働しているシステムでも、様々なトラブルにより突然停止する事態も考えられます。

トラブルを未然に防ぎ安定したサービスを顧客や社内向けに提供していくためにも、サーバー監視システムは必須です。

サービスを安定稼働させるために必要なサーバー監視

サーバー監視とは、その名前の通りサーバーの稼働状況をチェックすることです。

24時間365日の監視体制を整えていないと、アクセスできないなどの状況に陥ったときすぐに把握できません。

サーバーがダウンすればサービスの提供も不可能になるので、顧客に対して多大な迷惑をかけることになります。

そのためサーバー監視システムは、一定間隔でPINGを送り応答があるか、停止していないか確認します。

これは死活監視と呼ばれるもので、サーバー監視では一般的な方法です。

しかし正常に稼働していても、負荷がかかりレスポンスが悪いと、ページが表示されるまで時間も延びて、閲覧者にとってはストレスになりサービスの利用を妨げる原因になります。

ですからサーバー監視では、動作の確認とともに負荷状況も常に確認し快適な閲覧ができるか監視しています。

その他にもサーバー監視では、サービスに必要なアプリやプログラムの動作状況、ネットを介してのアクセスも確認します。

一口にサーバー監視といっても、いろいろな項目があり全て安定稼働のために必要です。

サイバー攻撃やウィルス対策のためにも必要なサーバー監視

サーバー監視の目的は、サービスを安定稼働させる目的だけで行われるわけではありません。

全世界にサーバーを公開してサービスを提供していると、サイバー攻撃を受ける可能性があります。

サイバー攻撃を一度受けてしまえば、データを改ざんされたり個人情報が流出したりと大きな被害です。

商用目的のサービスだと、一度サイバー攻撃を受けると顧客からの信頼も失墜し損害はさらに大きくなるでしょう。

さらにサイバー攻撃は、単純に被害者になるだけではありません。

乗っ取られたサーバーを介して別のサーバーに攻撃を仕掛ける踏み台にされる恐れもあり、知らず知らずのうちに加害者になることもあります

ウィルスについてもサービス内に仕込まれ、アクセスした人に感染させる可能性もあります。

サイバー攻撃やウィルスは、他人事に考えてしまいがちです。

ですが一旦被害者となると多大な損害が発生し取り返しの付かない事態になる恐れもあるので、しっかりと対策をしなければいけません。

そのためにもサーバー監視の体制を準備し、サイバー攻撃やウィルスに備える必要があります。

システムに必要なサーバー監視の一般的な方法

サービスの安定稼働やサイバー攻撃に備えるために必要なサーバー監視は、主に2つの方法があります。

一つは専門のスタッフを用意して、専用のツールなどを用いて自社内で行う方法です。

もう一つの方法は外部のサービスを利用する方法で、自社で専門のスタッフを雇う必要はありません。

外部にサーバー監視だけをアウトソーシングして、24時間365日の監視体制を作り上げます。

一般的に多いのは、外部サービスを利用する方法です。

サーバー監視を担当する人材には、複雑な専門知識と経験が必要になります。

そうした有能な人材を複数確保して常に監視する体制を整えるのは、企業にとっては大きな負担になるでしょう。

外部のサービスを利用することにより、自社で専門のスタッフを用意する必要はありません。

高度な専門知識と豊富な経験を持つ外部の専門家に任せれば、適切に監視しサービスの安定稼働やサイバー攻撃のリスクも減らすことができます。

自社内で完結させるなら使いやすいツールを使うなどすれば負担は減らせますが、一般的には外部サービスが多く採用されています。

サイト内検索