おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールのメリットとデメリット

サーバー監視は企業がサーバーを稼働させるうえ重要となっています。

サーバーが落ちてしまうとその間はサービスを行うことが出来ず、利益を出す絶好の機会を逃すことにもなりかねません。

そこでサーバー監視のメリットとデメリットについて紹介していきます。

検討している方はもちろん、サーバーを運営している方はぜひともお読みください。

サーバー監視とはどういったもの?

サーバー監視はその名前からも分かる通り、サーバーの稼働状況を監視する仕組みのことを言います。

Webサービスやシステムにはサーバーが用いられているのですが、様々な要因でサーバーが落ちてしまうことがあります。

サーバーはリスクを分散するように作られているので、一部が落ちてしまったからといって即座に大きな問題が発生するということはありません。

しかし、細かい不具合がまとまって大きな影響をもたらしたときにシステムダウンということになります。

システムダウンが起こるとサービスを供給できなくなるので契約違反になってしまったり、商品を販売するチャンスをみすみす逃してしまう恐れがあります。

そうなると損害にもつながりかねません。

そのため、サーバーを適切に監視し、必要に応じた対処を行うことが重要となります。

サーバー監視といっても誰かが見ているというよりは機械がチェックするという形なので人件費が大きくかかるということもありません。

導入するのも難しくないので多くの企業が取り入れています。

一般的なサーバー監視の種類について

サーバーのチェックには大きく分けて2つの種類があります。

その1つ目は異常監視です。

サーバーに何らかの異常が起きた際に管理している人物に通知を行う仕組みとなっています。

サーバーを常に人が監視すると人件費も時間も大変なので異常があった時だけに通知するという形をとるのが異常監視です。

オンラインの通知だけにしているとネットワークが寸断されたときに力を失うので、音声やランプ点灯などでオフラインでも通知するのが有効となります。

正常なサーバーの監視を常に行う取り組みを正常監視といいます。

サーバーの中には一瞬でも落ちてしまうと大変な事態になってしまうものがあります。

その場合は少しの異変でもすぐに気づくことが出来るように確認が行われます。

例えば、現金を取り扱っているシステムの場合はシステムが意図的に落とされることで、莫大な額の損失を出してしまう恐れもあります。

そのため、人件費をかけてでもチェックを行い、安全性を保つことが重要となります。

稼働状況はサーバーのツールでチェックするのが一般的です。

サーバー監視のメリットとデメリット

サーバー監視のメリットは明白です。

サーバーを監視することでトラブルを解決したり、小さなトラブルのうちに被害を食い止めたりすることが出来ます。

システムがダウンしてしまうと企業の信用性にかかわるのでサーバー監視のメリットは非常に大きいといえるでしょう。

また、システムが正常に動いているという場合はサービスを続けられているということでもあるのでチャンスをみすみす逃してしまうこともありません。

サーバー監視のデメリットは費用がかかることです。

どのような監視を行ったとしても人件費などがかかってしまうことは避けられません。

ただし、異常監視の場合は最低限の監視となるため費用を大きく抑えられます

注意しておきたいのが監視システム自体を乗っ取られてしまう可能性です。

システム自体を乗っ取られるとチェックした内容を通知できない仕組みにされてしまう恐れがあります。

システムのセキュリティは非常に重視しておくことをお勧めします。

メリットとデメリットはいずれも存在しますが、一定のセキュリティがないと安全な運営はできない可能性が高いとされます。

おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツールランキングはコチラ!

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://server-kanshitool.info/column/server-merit-demerit/

トップページへ戻る