おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ってどんな方法で監視してるの?

インターネットと言えば、現代社会の重要なインフラになっていることを皆さんはよくご存知だと思います。

そのためウェブサイトでサービスを提供する側はサーバーの運用を怠ることが出来ません。

しかし、時に何らかの原因でサーバーがダウンしてしまうこともあります。

早急に対処するにはサーバー監視が必要です。

実際どんな方法で監視しているのかをご紹介します。

サーバー監視において委託をするかツールを導入するか

サーバーとはウェブサイトなどでサービスを提供しているコンピュータのことです。

例えば通販サイトもニュースサイトも、日頃から閲覧しているあらゆるウェブサイトもサーバーを使って提供されています。

そういったサイトは時を選ばず閲覧が出来、それが当たり前になっています。

ですから提供側はサーバーを24時間365日フル稼働させ、常に利用者が快適に使えるように運用しなければなりません。

ところがサーバーは、利用者の膨大なアクセスが短期間に集中した時を始め、様々な要因で正常な動作が出来なくなることがあります。

そのため提供側は管理者を置き、サービス提供が滞ってないかを常時監視し、問題に対処しなければなりません。

複数の管理者がいれば交代しながら24時間サーバーに張り付いて監視が出来ますが、一人の場合や体調不良で人員が足りなくなると大変です。

ですので一般的にはサーバー監視サービスを行っている所に委託し監視を代行してもらったり、サーバー監視ツールを導入し社内で利用します。

費用や保守人員数、運用のしやすさなどから比較検討すると、どちらが向いているかが分かってくると思います。

サーバー監視には大きく分けると二つあります

ところで、サーバー監視と言ってもどういったものがあるのでしょう。

大きく分けると二つの方法があります。

一つは「異常監視」です。

これは文字通りサーバーに何か異常事態が発生した場合、例えばアクセス過多でサーバーがダウンし、サービスの提供が正常に行われていないなど異常時に、その旨を管理者へ通知する仕組みのことです。

通知の手段には、メール送信やサーバー監視ツール上での表示の他にも、音声で知らせたり、ランプの点灯によって知らせるタイプもあります。

これにより管理者は、すぐに異常を知ることが出来るので、早急な対処が出来ます。

そして、もう一つは「正常監視」です。

こちらは異常時とは逆に正常であることを管理者に通知する仕組みのことです。

これはサーバー監視ツールの画面上で常時モニター出来るようになっており、それを見ることで管理者は稼働状況を知ることが出来ます

このような通知やモニターの仕組みによって、管理者はサーバーが正常に動作しているのか、異常が発生しているのかを知ることが出来ます。

死活監視とハードウェア監視について

さて、もう少し詳しくサーバー監視について見ていきましょう。

具体的な方法としてよく知られているのは「死活監視」です。

その名が示す通り、サーバーがダウンし動作していないか、正常に動作しているかを監視します。

サーバー外から信号を送り、それを受けてサーバーがどう信号を戻してくるかで判断します。

正常な時はすぐに戻ってきますが、動作が不安定になっていると時間がかかります。

定期的に信号を送って監視します。

死活監視はあくまでも反応を見るだけで、それ以外のことは調べません。

そして、もう一つは「ハードウェア監視」というのがあります。

これはコンピュータを構成している部品、例えばCPUやメモリ、ハードディスクなどの動作に支障が出ているかとか、温度がどうかといった監視を行います。

例えばサーバーが提供するウェブサイトなどのデータはハードディスクに記憶されています。

ですのでハードディスクに異常が発生すればウェブサイトが表示されなくなることもあります。

ハードウェアの故障がわかれば早急に対策を講じることが出来ます

このようにサーバー監視には、死活監視でサーバーの状態を監視したり、ハードウェア監視で機器の異常を検知するなどの方法があります。

サイト内検索
記事一覧