おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視はどのようにすればいい?その方法とは

サーバー監視はシステムを安全に運営するために必要なシステムですが、その方法はご存知ですか。

具体的には自社でサーバー監視者を作って管理する方法と、サーバー監視業務を専門に行っている会社に運営を依頼する方法の2種類に分けることができます、どちらもメリット・デメリットがありますので自分に合ったものを選びましょう。

サーバー監視を自社で行う方法について

サーバー監視する方法は「自社で行う方法」と「他社に依頼する方法」に大きく分けることができます。

自社で行う場合は監視ツールを用意し、監視役の人材を社内に雇うことが一般的です。

監視ツールはプログラマーなどが自作するケースもありますが、専門知識をもった優秀な人材がいなければ運営が難しく独自性が高くなるため、製作した本人以外使用しにくいというデメリットもあります。

サーバーを監視するには複雑な専門知識がいるため、経験がない方が監視業務を行う場合には可能な限りシンプルで使いやすいツールを選ぶことが大切です。

サーバー運営はシステムが問題なく運用できている場合であっても、適切なサーバー監視が出来ているというわけではないため顕著化していない問題に気づきにくいという問題もあります。

24時間365日のサーバー監視体制を整えることは容易ではありません。

サーバー監視を自社で行いたいと考えていて、サービスを顧客に提供しているなど重要なトラブルを未然に防ぐ必要性があるケースなら、専門的な知識を持った優秀な人材を複数人集めることが大切になります。

サーバー監視を他社で行う方法について

自社のサーバー監視体制に自信を持てない場合は外部委託をするのが賢明な判断です。

サーバー監視を他社で行う方法は簡単で、専門事業者のサービスに依頼をするだけで行えます。

依頼を行う点で気を付けたい点としては、信頼できる業者を見つけることが重要な点です。

企業が所持しているサーバーの規模に応じた柔軟なコスト調整を行っている場所もありますが、明らかに安い価格の業者は避けたほうが良いでしょう。

一口にサーバー監視と言っても、サーバーが停止すること無く動いているかどうかを判断するものや、サーバーやネットワーク機器の物理的な故障が無いか判断するもの、サーバーの負荷状況を調べるものや、ネットワーク監視など様々なので自分がどんなサービスを受けたいのか事前に準備しておくことをおすすめします。

自社サーバーでないのなら初めから監視サービスを行っているレンタルサーバー会社を選ぶのも良いでしょう。

過去にあった障害・メンテナンス情報などから安定性が高い会社を判断して選びましょう。

サーバーは一度契約すると変更するのが大変なので慎重に選ぶようにして下さい。

サーバー監視をする方法のまとめ

サーバー監視をするやり方は自社でプログラマーや監視役を雇うやり方と、他社の事業者に依頼するやり方があります。

自社でまかなう場合には問題が起きた時にすぐに対応しやすいというメリットがありますが、専門知識がある人材がいないと水面下で起きている問題に気づきにくいというデメリットがあります。

サーバー監視ツールを導入する場合にはどういった目的で監視をしたいのかを決めてから導入するとよいでしょう。

外部へ運営を依頼するよりも比較的コストを下げることが可能です。

他社へ依頼を行う場合には信頼できる会社を選ぶことが大切です。

セキュリティ対策が出来ている会社や、障害発生率が低い場所など安定性が高い会社をおすすめします。

安価だけをうたっている会社は経験が少ないなど問題を抱えていることもあるため、コストだけで選ぶことは避けましょう

有人でサーバー管理を行うサービスは人が行うため細やかなケアが出来るというメリットがありますが、その分コストもかかります。

自社の目的にあったものを選ぶことが大切です。

 

サイト内検索
記事一覧