おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視の給料はどれくらい?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/02/15

ネットワーク上におきまして、色々な機能並びにサービスを異なる端末へと供するのがサーバーになります。

そしてサーバーの監視を担当するエンジニアに人気が集めっており、併せてサーバー監視の給料も注目されています。

 

エンジニアの平均的な年収額について

エンジニアに関しての平均的な年収額は400万から500万円になります。

年代別の給料でチェックしていくと、順調に上昇していきます。

年収額がそれなりに高くなるのには要因があります。

その背景にあるのは、育成することが簡単ではないことが挙げられます。

それに加えて、エンジニアのニーズに対しまして、エンジニアの総数が不足していることもひとつの原因となっています。

そしてエンジニアとしての技能である保守のスキルを会得するには、現実に仕事に就いた経験が求められ専門的な知識やキャリアが重要になります。

 

派遣と転職で収入の上昇を実現する方法

派遣という形で収入の上昇を実現する方法があります。

メリットとして派遣社員ならば、掛け持ちなどを通じて業務の量そのものを増加させれば、年収額おおよそ700万円オーバーも可能になります。

同じような理由で、フリーランスという形で業務量もしくは活動量の制限を解消すれば、自明のことですが年収の増収に結び付きます。

デメリットとして フリーランスともなれば給料は確定しないですし、一般的に考えて企業で享受できる福利厚生もしくは社会保障を受けることができないというウィークポイントもあります。

ですので自分自身のキャリアや専門的な知識を十分見定めた上で熟慮する必要があります。

また仕事を変えて年収の増収を実現する方法もあります。

メリットとして一般的に言って、上流工程になるに応じて年収額は高くなります。

現時点で仕事に従事している会社組織でスキルアップがとても難しい方は、上流工程に携わることができる会社にキャリアアップすることを推奨します。

転職コンサルタントを有効に活用すると、今現在の会社と他社の条件を比べて望みにあった会社を選択できます。

デメリットとして必ずしも短い間で即新しい仕事場が見つかるわけではない、或いは経験がない状態であれば年収ダウンに結び付く可能性が高いことなどがあげられます。

 

海外勤務や資格取得による年収額を上げる方法

それなりのスキルを有しているエンジニアであれば、国外の会社組織で業務につく方法もあります。

IT業界の発展が日本国内より進行している米国や中国ならば、年収額が日本のエンジニアを上回るケースがあります。

デメリットとして 海外で業務につくことは英語といった技能面でのハードルの高さと、家庭のある人にとっては、海外で暮らすことはメンタル的なハードルが高いといえます。

また資格取得による年収アップの方法もあります。

IT企業においては関わりのある資格取得の補助や手当を払う事例がたくさん見受けられます。

資格そのものは難易度のあまり高くないものから、ハイレベルなものまで多種多様ですが、会社が取得に対して報奨金を付けたり、月毎の手当を出してくれるのであれば、取得して損はないといえるでしょう。

 

エンジニアが収入の上昇を実現する方法は、様々あります。

そして有効性が大きいのは資格取得といえます。

とりわけ、世界基準の資格を取得することになれば、外国企業でも通用することになりますし、フリーランスという形で仕事に従事する場合ももちろん高く評価されることになります。

以上のように、自分自身のキャリア並びに保持する資格を活かして周辺環境をチェンジすることも収入の上昇のひとつの手段といえます。

サーバー監視する等のエンジニアそのものは、未来においても会社からのニーズは高く、米国レベルの年収も期待される業種ですが、現在の状況の日本の年収額はそれほど高いとは言えません。

 

サイト内検索
記事一覧