おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

無料のサーバー監視ツールの安全性は?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/22

デジタルが普及した昨今においてはサーバーの存在は必須となってきます。サーバーはいつどこでトラブルを起こすかはわかりません。安全に使っていくためにサーバー監視ツールというものが存在します。

有料と無料では使える機能に違いがある

サーバー監視の主な目的はシステム異常を検知することにあります。異常があればすぐ管理者に通知されるので大きなトラブルを未然に防ぐことができます。他にも障害が起こる時間を少なくすることも目的です。ネットを利用するユーザーによって快適にサイトを使うことは重要となってきます。

サーバー監視ツールは大手などが商用製品を販売しています。有料版と無料版があり、有料版は構成管理やユーザー管理などの機能も搭載されています。システムの管理がおこないやすいですが、費用は高価でさらにライセンス費用と構築費用もかかります。設定するのにも費用が掛かるのでコストには余裕を持っておく必要があります。

優良ツールは主に数千台以上の大規模なシステムを管理するときに導入されています。無料のツールではソースコードが公開されています。利用者が自由にカスタマイズできるのは強みでしょう。費用が掛からない分機能はある程度限られてきます。

とはいえ、アプリケーション・リソース監視・プロセス監視など必要な監視は全ておこなえます。通知機能もあるのでサーバーに異常が発生したら管理者にメールなどで通知することもできます。

エンジニアのスキル次第で最適な製品は違ってくる

無料のサーバー監視ツールの品質は千差万別です。もしトラブルが起きるようであればユーザーからの評判も悪くなり公開できなくなります。ある程度使い勝手が良いからこそ継続して公開されてアップデートされていきます。

また、有料でしか使えない機能や無料でも使える場合もあります。このようなツールを選べば安いコストで高い機能性が期待できます。無料といっても選ぶ際は慎重に比較・検討してください。

そして、最も重要なのはサーバー監視をするエンジニアのスキルです。ソースが公開されていて自由に利用できるものも多いのが特徴です。最適化できるエンジニアがいれば、有料のツールよりも高い精度で監視をおこなえる可能性もあるのです。

高度なスキルを持つエンジニアが在籍してないなら、機能が充実している有料のツールが無難です。エンジニアのスキル次第で最適なツールは違ってくるでしょう。

企業の規模によって向いているものは違ってくる

無料版のツールは中小規模のサーバー監視に向いています、システムを構築するための知識が必要となりますが、監視項目の決定や閾値の設定もおこなえます。導入するときは社員がサーバーの知識がどれくらいあるかを把握しておきましょう。サーバーに何かあったときの損失も想定します。

大規模なシステムを構築する企業は一旦サーバーがダウンすると大きな損失が発生しやすいです。規模が大きくなると監視項目の設定も複雑になるため、有料版を導入してサポートを受けた方が良いでしょう。利用する業者は実績だけでなく、システム障害が発生したときの対応も大事です。

 

サーバー監視ツールを導入することによってネットを安心して保つことができます。変化の激しいデジタルの世界においてはサーバー上で何が起こっているかを検知するのはとても重要なことです。ツールには無料版と有料版があるのでどちらにするかは総合的に考えてから決める必要があります。

最終的に掛かるコストやエンジニアのスキルなどで最適な製品を絞り込んでください。監視ツールで常にサーバーの状態を記録することによってどんな状況変化にも対応できます。値段を問わず、現在はこうしたツールをいかに使いこなすかが大切です。

サイト内検索
記事一覧