おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視を行わない危険性とは?

サーバーを利用してネットワークを構築する際には、あらかじめサーバー監視のことも考慮しておく必要があります。

もしサーバー監視をないがしろにすると、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。ではサーバー監視を行わない場合の危険性には、どんなものが考えられるでしょうか。

 

システムの安定性が確保できないかもしれない

24時間365日稼働しているサーバーには、常に大きな負担がかかっています。システムを安定させるためには、この負担の状況を把握し、適切に対処していく必要があります。

サーバー監視の目的のひとつは、システムやアプリなどの稼働状況を絶えずチェックし、正常に動作しているか把握することです。監視を怠っていると、いつのまにかシステムがダウンして反応しなくなり、ユーザーに多大な迷惑をかけることになりかねません。

またダウンしていなくても、負荷が過剰になるとレスポンスが悪くなり、利用者にストレスをかける可能性があります。いずれもクレームが出てからでは手遅れになってしまいます。いつ試みても正常に繋がらなかったり、時間がかかりすぎたりするようなシステムは、すぐに顧客から見放されてしまうでしょう。

社内で利用する場合でも、不評が集まり利用頻度が下がる原因になります。いつでも快適に利用できるサービスを提供するために、継続的なサーバー監視は必要不可欠といえます。

 

サイバー攻撃を受ける恐れがある

もうひとつ重要なサーバー監視の目的は、サイバー攻撃からシステムを守ることです。外部のネットに接続していれば、国内はもとより海外からも、不特定多数のユーザーにアクセスを許すことになります。なかにはどんな悪意を持ったユーザーがいるかわかりません。

また悪意がなくても、知らないうちにウイルスを感染させたりさせられたりする可能性が考えられます。サイバー攻撃の被害は多岐にわたり、まずシステム障害が発生すればサービスを提供できなくなります。それとともに怖いのは、顧客の個人情報などのデータが流出したり、改ざんされたりすることです。

近年でも大規模な個人情報流出事故がしばしば報じられ、不安を感じている方は多いでしょう。ひとたび事故が起これば、会社の信用が大きく傷つけられ、営業面で計り知れないダメージを受けることになります。こうした事故を未然に防ぐためにも、常にサーバーの異常を監視する体制が求められています。

 

加害者になることを防ぐ意味もある

最近のサイバー攻撃は非常に巧妙で、気づいたときには被害が思いがけないほど拡大しているケースが少なくありません。

また目的とする相手に直接攻撃をかけるだけでなく、関係のない第三者を迂回して攻撃をかけることで、犯人を特定できないようにする場合があります。このような犯人に利用され、知らない間にサイバー攻撃の片棒を担がされていることも考えられます。たとえ被害者にならなくても、加害者になることで評判を落とす危険性がないとは言えません。

もちろんユーザーにウイルスを感染させてしまえば、大規模な補償問題に発展する可能性があるでしょう。サーバー監視にはサイバー攻撃の被害を防止するだけでなく、加害者になることを防ぐ意味もあります。いつどこから侵入してくるかわからない相手に対応するためには、システム構築時から専門的な知識を導入し、監視体制を強化しておくことが必要です。

 

サーバー監視はシステム開発の中では、どちらかというと目立たない分野なので、軽視されがちかもしれません。けれどもシステムの安全・安心を確保し、安定して快適に利用するために不可欠な、縁の下の力持ち的役割を果たしています。

しかも常に最新の高度な知識を求められる仕事ですから、専門家の関与が欠かせません。もし開発工数や専門知識が不足しているときは、外部のサービスを利用するという方法も検討するとよいでしょう。

 

サイト内検索
記事一覧