おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視で対策が必要なサーバー障害とは

公開日:2019/01/15  最終更新日:2018/12/20

近年インターネットの普及に伴いウィルスなどによるサーバー障害に対して、さまざまな対策が必要になりました。

24時間365日サーバー監視を行う必要があり、企業ではいろいろな活動が行われています。

企業内の情報機器などを安全に利用するため、外部からの不正な侵入に対し防御することはもちろん、いろいろな災害による停電の対策など、機器障害が発生した場合きちんと対策を検討しておく必要があるでしょう。

まずは停電に備えることが大切です

サーバー監視やサーバー障害を解決するため、電力が必要不可欠です。

停電対策としてサーバーに「無停電電源装置」を設置する必要があるでしょう。

この無停電電源装置は電気の供給が急に停止したり、電圧がダウンしたりした時、内蔵するバッテリーから電気を一時的に供給することが可能です。

供給時間はバッテリーによって異なりますが、一定時間供給が停止した場合、サーバーをシャットダウンできます。

無停電電源装置には雷などによる機器破損を予防する機構が備わっているので便利です。

サーバー障害が発生した時定期的にバックアップを保存することが大事で、緊急時に代替機を設定できるよう事前にサーバーの設定内容を保管しておく必要があります。

基幹サーバーのようにサーバーの停止によって業務に影響を与えるなら、同じソフトウェアを準備している交換用サーバーを用意しておくと便利です。

交換用サーバーにバックアップされたものを復元することができるので、ダウンする時間を最小限に抑えることができます。

データを復活することができるので、もしもの時に役立ちます。

常に最新版に更新するよう意識しよう

ソフトウェアを導入する場合、最新版を使用することが多いですが経過と共に新しい脆弱性が発見されるものです。

サーバー監視者は常に最新の状態に対応しなければいけません

開発元やメーカーからソフトウェアの更新プログラムが配布される仕組みですが、更新内容にはソフトウェアへの追加や修正、脆弱性の修正などがあるでしょう。

特に脆弱性の修正に関して日頃から注意しておく必要があります。

脆弱性の修正について更新が発表された時、管理するシステムに関する影響や緊急性などを検討しましょう。

特に外部に広く公開されているWebサーバーに深刻な脆弱性などが発表された場合、スピーディな判断や対応が求められるものです。

外部からの不正アクセスといった被害を受けないように、事前にいろいろ行うことや作業手順を確認しなければいけません。

ときどきですが脆弱性を有することが先に発表され、修正プログラムを作成するのに時間がかかる時があるので注意が必要です。

修正プログラムが発表されるまで、一時的な回避策を適用しシステムを保護したり、脆弱性について修正対応を行うことが大切です。

日頃からソフトウェア開発元やメーカーのサポート情報、脆弱性情報に関する機関からの発表などに注意し、対応を行えるように意識しておくことをおすすめします。

ウイルス対策を徹底的に行いましょう

最近ネットワークを介しファイルサーバーやWebサーバーなどに感染するウイルスが増えています。

ネットワークに接続する1台のパソコンからウイルスに感染し、組織のパソコンすべてに被害が拡大するケースもあるので、サーバー監視者にかかる責任は大きいものです。

Webサーバーにウイルスが感染すると、企業として社会的な信頼も失うことになるので注意が必要です。

さまざまな被害を受けないため、ウイルス対策ソフトをインストールすることが必要になるでしょう。

ウイルス検知用データは常に最新のものに更新しなければならず、同時にすべての利用者にウイルス対策に関して指導しなければいけません。

例えば怪しいホームページは見ないようにしたり、外部からの怪しいファイルは開かないように指導することが大切です。

ウイルスに関する理解を広めるよう、スタッフに日頃から教育すると良いでしょう。

ウイルス対策ソフトをリリースしているメーカーからメッセージを収集したり、感染力が高いウイルスを発見した場合現象や対処方法などを利用者に連絡し感染防止に努めなければいけません。

もしウイルスが感染してしまった場合、利用者からサーバー監視者まで報告するよう指導することによって、いち早く感染を認識することができるでしょう。

サーバーの感染状況を確認し駆除することによって、被害を最小限に抑制することができます。

 

サイト内検索
記事一覧