おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールはOSごとに違うものを用意しなければいけないの?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/27

提供しているサーバーの異常や稼働状況を24時間体制で確認するために、サーバー監視ツールは欠かせないものになりました。

そんなサーバー監視ツールを導入したいと考えているときに気になる点の1つに、導入しようとしているものが自分たちの利用しているパソコンのOSに対応しているか、相性はどうなのかという点があるかと思います。

複数のOSが混在する職場などでも導入できるのか

サーバー監視ツールを導入する際の悩みごとの1つとして、社内に複数のOSを用いたサーバーが存在し、そのOSごとに対応したツールを導入しなければならないのかという点があります。従来であればOSごとに対応するツールをそれぞれ導入し、その複数のツールから以上報告などをバラバラに受けるなどといった形で非常に業務が煩雑になりがちでした。

そうした状況を改善するには、複数利用していたOSの種類を少なくしたりするなど、限られた方法しかありませんでしたが、現在ではそのような企業などのニーズに応える形で、複数の環境が混在しているような現場でも一元監視できるツールが存在します。

このようなツールでは既存のOSや仮想環境、さらには近年普及が急速に進んでいるクラウドシステム上の監視ができるものも登場しています。こうした流れにより、自分たちの環境に最適なシステム監視ツールを選べる環境が整いつつあります。

複数OS対応のツール導入の際の注意点とは

そのような環境に対応できるサーバー監視ツールを導入する際には、いくつかの注意点があります。

まずは、どこまでの種類の環境に対応しているかという点を詳細に確認することです。複数対応していろといっても、対応しているOSは全て同系統のもので別系統のものには全く対応していないということもあります。

必ず自分たちの利用しているOSがどの系統のものになるかを確認し、対応しているツールかどうかを改めて確認する必要があります。次に、追加でそうしたツールを導入する際には、他社製品との相性も確認しておきましょう。

ツールによっては他社製品との相性が悪く、データの連携などが上手くいかず不具合を起こしてしまったり、最悪の場合蓄積していたデータが消失してしまう場合もあります。必ず他社製品との連携もキチンとできるものを選び、導入の前にはデータなどのバックアップを済ませておきましょう。

さらに、導入の際に分からないことがあればいつでも聞けるサポート体制にあるかどうか、運用コストに見合った機能は付いているかなどとさまざまな点を比較・検討して導入しましょう。

オープンソースのツールを活用する手も

システム開発に精通した人材がいる企業などでは、オープンソースのツールを用いて複数のOSがある環境でのサーバー監視をおこなうという手法もあります。

オープンソースのツールであれば自由にカスタムができるので、それぞれに別々のツールにカスタムし、データの転送や連携などをひとまとめにするツールを構築するなど、業者などが提供するものよりも最適なものが開発できる可能性もあります。自分たちの現在の状況を鑑みて、どんなスタイルが適しているかを考えて導入をしましょう。

 

さまざまなOSが社内などに混在し、それらをまとめてサーバー監視をするためにどうすれば良いのか分からず困っているなどの悩みを持つ企業の担当者の方なども多いと聞きます。

そのような悩みは複数のものを一元監視・管理できるツールの導入などで解決し、業務の効率化を進めていく必要があります。自分たちの悩みや不安を解決してくれて、確かな監視体制やトラブル対応能力があるものを選ぶことがビジネスシーンにおいて欠かせません。

サイト内検索
記事一覧