おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視はツールのみで完璧にできる?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/27

デジタル時代においてはサーバーの活用がとても重要となっています。サーバーをどのように活用するかで、ビジネスの効率性は異なってきます。こうしたサーバーの安全を守る手段として活用できるのが、サーバー監視ツールです。

こうしたツールによってビジネスの安定性と信頼性を高めて、ビジネス戦略を安心して進めていくことができます。

無料版の良さと有料版の良さを知ることで

サーバー監視ツールは大手ベンダーなどが販売している商用製品などがあります。監視ツールは有料版と無料版に分けることができて、有料版は構成管理やユーザー管理などの監視以外の機能も充実している傾向があります。

有料版のサーバー監視ツールを導入すると、システム全体の管理がおこないやすいです。有料の場合はツール自体が高価となることがあります。ライセンス費用と構築費用などもかかります。

設定費用などもかかるので、そのコストの想定は大切です。サーバーの状態は完璧に保つ必要がありますが、不足の事態が発生することが避けられないことを想定するのも大切です。有料のツールは数千台ぐらいの大規模システムを管理するときに活用されます。

無料のサーバー管理ツールはソースコードが公開されています。そのため利用者が設定を自由に変えることも可能です。無料の場合、商用製品ほどは機能は充実してない傾向があります。より安全性を高めたい場合は、有料版の監視ツールを導入すると良いです。

無料版でもアプリケーション監視や、リソース監視、プロセス監視など、ほとんどの必要な項目は網羅しています。無料でも通知機能などがあり、サーバーにおける異常な値を検出したときは管理者にメールで知らせることもできます

どのような規模のサーバーかによって

無料版のサーバー監視ツールは、大規模でないサーバーの監視に向いています。無料版は設定の自由度が高い分、監視システムを構築するためには、サーバーに関する知識が必要となります。監視項目の決定や閾値の設定などもおこなえます。

こうした無料版でサーバー監視ツールを導入するときは、サーバーに関する知識が十分にあるかを考える必要があります。サーバー監視ツールの価格を判断する際は、サーバーに何かあったときの損失を想定して、どのような価格ぐらいがちょうどいいかを考えるのが大切です。

大規模なシステムを構築している企業などは、サーバーがダウンするとかなり大きな損失が発生することあります。こうしたサーバーを管理するには監視項目の設定なども複雑になるため、有料版でサポートを受けたほうが良い場合が多いです。

状況の変化に上手く対応するために

サーバーの状況は刻一刻と変化していて、その中で使用するアプリケーションも変化していきます。そうした変化に合わせて、監視項目を増やしたりする必要もあります。有料版のメリットとしてサポートが充実していることがあります。

サーバーがダウンしたときは、まず原因を特定して素早く復旧することが大切です。こうしたときにサポートを受けられると、より素早く不具合の原因の特定が可能となり、復旧が早まります。

無料版か有料版かを決めるときは、さまざまなことを総合的に考えてから決める必要があります。デジタルシステムを完璧に守ることは難しいこともありますが、万全の対策をすることはできます。

 

サーバー監視ツールによって、デジタル時代の安全性が保たれます。サーバー監視ツールはサーバーで何が起こっているかを、いち早く知る手段としても人気があります。デジタル世界においては変化が激しいです。

サーバーの状況も刻々と変化していて、状況変化を素早く知る必要性は高いです。サーバーの状態を記録することによって、未来の状況変化に対応できたりします。デジタル時代はこうした監視ツールをいかに使いこなすかが大切です。

サイト内検索
記事一覧