おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視のアルバイトは必要?

最近ではどこの企業でもインターネットを使用しているため、24時間体制で自社のサーバーを監視する人を置いている企業も珍しくありません。

特に、レンタルサーバーを商いとしている企業や、銀行系、通信系の会社などは24時間体制で監視する人を置くことが多いです。

アルバイト募集を見てみると、かなり多くの募集があり、時給が通常よりも高額な場合も多いです。

サーバー監視を行うだけなのに、高額な時給でアルバイトを雇う必要があるのかと懸念を抱いている方もいるかも知れませんが、なるべくおいた方が良い理由を考えていきましょう。

 

24時間体制でサーバーを見守るために

まず、インターネットサーバーは24時間稼働していますので、いつどんなエラーが発生するのかは誰にも分かりません。

そんな中、24時間監視していなければ、人が監視していない空白の時間にサーバーがダウンしてしまい自社のシステムや業務、顧客に多大な影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

レンタルサーバーを使用していたとしても、自社サーバーを使用していたとしても、24時間見てくれている人がいて、エラーが出たらすぐに対処してくれたら心強いのではないでしょうか。

24時間体制でシフトを組んでサーバーを見守るために自社社員を使うと、アルバイトを雇うよりも人件費がかかってしまいますので、少ない人件費で効果的にサーバーを見守るためにもアルバイトを雇用した方が良いと言えるでしょう。

 

ネットワークに強い人材採用が可能

サーバー監視を行うにあたり、アルバイトを雇用すると自社社員よりもネットワーク系に詳しい方を雇用できる可能性が高くなります。

IT系の企業であればいざ知らず、自社社員の中でインターネット系の業務、ましてやネットワーク系の業務を率先して学びたいと考える人は業者によっては多くないかも知れません。

サーバー監視を仕事として行いたいと思う方は、ネットワークに興味があったり、新しい技術などに興味がある方も多いため、エラーが発生した際に適切に対処してくれる可能性も高くなります。

特に時給を高く設定している会社については、ネットワーク系の資格を持っていたり、様々なプログラム言語を学んでいたりという人が集まることもありますので、社員をいちから教育するよりも、良い人材が集まる可能性があるのです。

 

相手に分かりやすく伝える事が可能

サーバー監視の業務の中には、お客様からの問い合わせに答えたり、ネットワークを知らない人からの問い合わせに答えたりと言った業務が含まれる場合もあります。

こう言った問い合わせは、ネットワークに興味のある人ある程度勉強した人でないと、相手に分かりやすく伝えることは難しいと言えます。

アルバイトの方であっても、コミュニケーション能力が高かったり、前職が激務過ぎて離職したけれども、IT系の仕事が好きでサーバー監視の職に就いたという方もかなりいます。

こういった方に監視を任せるほど安心なことはありませんね。

相手に伝える能力がある人を雇えるということは、業務も円滑になり良いのではないでしょうか。

 

サーバー監視という仕事は、あまり表舞台には立たないかも知れませんが、企業の中枢を担うとても大切な仕事と言えます。

ネットワーク系に興味がある方でないと、中々知識が頭に入ってこなかったり、エラーが出た時の対処が遅れてしまったりするでしょう。

また、知らない人に説明する際にも手間取ってしまうかもしれません。

アルバイトに応募してくる人はネットワーク系に興味がある方、元々バリバリのIT業界出身者の方、とにかくパソコンに関することが好きな方が多いため、率先して仕事に取り組んでくれるでしょう。

また、人件費も正社員よりは少なく済む場合も多く、夜勤にも対応してくれる人も見つかりやすいため、アルバイトを雇うことは現実的に良いと言えるのではないでしょうか。