おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールが導入できるOSの種類とは

サーバー監視ツールは大変便利なので導入しておくのがおすすめなのです。

こうしたサーバー監視ツールはかなりセキュリティー向上にも役立ってきます。

このようなサーバー監視ツールを導入できるOSの種類についてみていきましょう。

 

サーバー監視ツールの重要ポイント

まず、サーバー監視ツールには実にいろいろなものがあることを知っておいてください。サーバー監視ツールによっては、専用OSでしか動かないものもあります。こうしたサーバー監視ツールはオーダーメイド品が多いです。

とはいえ、通常のものであれば多様なOSに対応していることが多いです。例えば、WIndowsやアップル、そして他のOSにも対応していることも。

また、コストを下げたい場合にはリナックスにサーバー向け監視ツールを導入しておくと良いでしょう。リナックスであればより維持管理コストも下げたい場合におすすめです。

とはいえ、実際に導入しておく際には気をつけておきたいこともあります。例えば、WIndowsに対応しているものでもバージョンによっては対応していないこともあります。

Windows10にしか対応していないものやXPにしか対応していないといったものもあるので、これからサーバー向け監視ツールを導入しておく際にはしっかりと業者に話しをしておくと良いでしょう。また、サーバー向け監視ツールのバージョンアップに伴ってOSもバージョンアップが必要です。これによってOSバージョンコストもかかることがあるので気をつけておきましょう。

 

他の注意点について知っておく

他にもスマートフォン向けのOSにも、サーバー向け監視ツールが導入してあることがあります。例えば、アンドロイドなどにも対応しているサーバー向け監視ツールがけっこうあるのです。

こうしたサーバー向け監視ツールを使うことで、簡単にリモートでサーバー監視などをできておすすめなのです。こうすることによってより気軽にサーバー向け監視ツールが使えます。

とはいえ、サーバー向け監視ツールによっては全くスマートフォンなどには対応していないこともあるので気をつけておきたいところです。やはりこれからサーバー向け監視ツールを選ぶ際にはこうしたスマートフォンなどにも対応しているものを選んでおいてください。

 

OSによる使用感の違い

どのようなOSに対応していても、OSごとで利用感が変わることがあります。

例えば、WIndowsとアップルに対応していても実は操作感が違うといったこともあるのです。他にも他のOSのバージョンだと操作だけでなく機能なども変わることがあります。このような点にも気をつけておきたいところでしょう。

また、他のOSのサーバー向け監視ツールにデータなどが移植できなくて困ると行ったこともあるのでこの点もサーバー向け監視ツール業者としっかりと話し合っておきましょう。

 

サーバー向け監視ツールは便利ですが、こうしたツールを使う際にはどのようなOSに対応しているのか見ておきましょう。サーバー向け監視ツールによっては特定のOSにしか対応していないものもあるのです。

また、OSによって機能が異なる、操作感が異なると行ったこともあるかもしれません。だからこそしっかりとサーバー向け監視ツール業者と相談して導入を検討しましょう。

サイト内検索
記事一覧