おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視の仕事は夜勤の場合も多いの?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2020/01/08

サーバー監視の勤務体系は、それぞれの職場のサービスの内容や在籍するスタッフの人数などによって異なります。一般的に、24時間対応をおこなっているIT企業で働く場合は、夜勤を担当する機会が多くなる傾向があります。そのため、高収入を得られるものの、日によって生活時間がバラバラになりやすいのです。

年中無休のIT企業では夜勤を任されることも多い

年中無休で顧客のサポートをおこなっているIT企業においては、繁忙期を中心にサーバー監視を担当するスタッフが夜勤を担当する機会が多くなる傾向があります。

特に、顧客数が多いところや、多種多様なITサービスを提供しているところで働く場合は、夜勤の度に高額な手当の支給を受けることができるものの、生活リズムが乱れやすくなることもあるため注意が必要です。最近では、サーバー監視に携わるスタッフの業務負担を軽減するため、職場内の人員を増やしたり、勤務体系を見直したりしているIT企業の数も増えています。

そのため、体力面で自信がない人は、仕事探しをする際に働きやすい環境が整っているIT企業の取り組みについてきちんと目を通しておきましょう。なお、求職活動を通じて、夜勤だけでなく早番や遅番などさまざまな勤務時間が設定されているIT企業の特徴について早めに調べておくことが重要です。

派遣のエンジニアは日中だけ働ける会社もある

サーバー監視の仕事を選ぶうえで、なるべく夜間の業務を担当したくないという人は、派遣のエンジニアの働き方について調べてみると良いでしょう。大手のIT企業の中には、人員不足やワークライフバランスなどさまざまな理由から、正社員ばかりでなく、派遣のエンジニアの積極採用をおこなっているところが多くあります。

派遣のエンジニアの勤務時間や出勤日数などは、正社員と比べて比較的自由に選択できることもあり、長くサーバー監視の業務を続けたい人にとって大きな魅力があります。

また、夜勤がない派遣のエンジニアは、収入が低くなる傾向が見られますが、資格手当や業務手当などがしっかりと用意されているところで働くことで、安定収入を得ることもできます。その他、一年を通じて業務量が多いIT企業では、派遣のエンジニアであっても、正社員と同じように夜勤をしなければならないこともあるため、採用時に人事担当者に相談をしてみましょう。

夜勤専従のエンジニアとして働ける企業も増えている

多用な働き方を選べるIT企業の中には、パートやアルバイトなどの雇用形態で夜勤専従のエンジニアとして働けるところも珍しくありません。夜勤専従のエンジニアの待遇は企業によってバラつきがありますが、IT業界でのキャリアが長い人や、過去に多くの成果を挙げた人であれば、恵まれた条件で勤務を続けることが可能です。

また、将来的に育児や家族の介護のために昼間の時間帯の仕事をしたい人は、それぞれのエンジニアの希望を考慮して、定期的に配置転換がおこなわれているところを探してみましょう。

 

サーバー監視は、企業の営業時間や事業内容などによりますが、年中無休で顧客対応をおこなうため、日中だけでなく夜間の業務に携わっているエンジニアが多くいます。特に、多種多様なITサービスを展開している企業の中には、夜勤を担当するエンジニアに対して高額な手当を支給しているところが目立ちます。

また、社内の人材不足を補う目的で、夜勤専従のアルバイトやパートなどのエンジニアを採用しているIT企業の数も増えており、自分に向いている働き方について早いうちから調べることがおすすめです。なお、私生活の時間を充実させるために、夜間ばかりでなく日中の仕事を担当したいという人は、正社員に比べて勤務時間や出勤日を選びやすい派遣のエンジニアの求人に応募をするのも良いでしょう。

サイト内検索
記事一覧