おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較してご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールの必要性とは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/11

企業のサーバーはさまざまな業務をおこなうにあたって欠かせない存在です。そのため、企業はサーバーの運用を監視する業務をおこなっています。とはいっても24時間365日人材を使って監視することは簡単ではありません。

最近ではサーバーを監視するツールが注目を集めています。導入することによって解決できる課題とメリットを紹介します。

人手に頼ると対応に遅れがちになる

サーバーの運用にあたってはトラブルが発生しがちです。特に複数のサーバーは異なるOSやハード、アプリケーションがあり、トラブルが発生しないように24時間365日監視するのは大変です。また、多様性があると管理者の業務負担も大きくなって、万が一起こってしまったら対応が遅れがちとなります。

さらに障害が発生するとあらゆる業務が停止するリスクがあります。メールやインターネットが利用できないなど厄介なトラブルとなります。特に監視を人手に依存していると、対応が後手に回りがちです。不正アクセスがおこなわれていても気づくのに遅くなる可能性もあるのです。常にきちんと稼働するためにもサーバー監視ツールの必要性は高いといえます。

異常が発生していないか常にチェック

サーバー監視ツールの役割には2つの種類があります。まずはサーバーの異常を察知して管理者に通知する異常監視です。常に人が監視すると人件費がかかります。そのため、異常があったときだけ通知すれば効率的です。通知方法はオンラインだけでなく、音声やランプ点灯のオフラインもあります。オフライン通知をすることでネットワークが寸断されたときでも安心です。

反対に正常なサーバーを監視する正常監視もあります。サーバーの中には少しでも落ちると大変なことになる場合もあります。そのため、少しの異変でも気づけるように確認をおこないます。例えば現金を扱うシステムでは意図的に落とされると莫大な額の損失もありえます。ある程度費用をかけてでもチェックをおこない安全性を保つことが重要となるのです。稼働状況は常にツールでチェックします。

管理者にかかる負担が大きく減る

数々のトラブルはサーバー監視ツールを導入することで解決できます。解決することでさまざまなメリットが生まれてくるのです。まずはサーバーの管理者の業務負担の軽減です。ツールを導入すれば異なる環境のサーバーを管理しても状態が容易に把握できます。サーバーの状態はグラフィカルインターフェイスなので見やすいです。

システムの監視なら24時間365日常に自動的に監視されます。不具合が発生したならすぐに管理者に通知されるので、迅速に対応することが可能です。

現在、サーバーは企業のさまざまな業務を支えています。何らかの障害が発生しダウンするとあらゆる業務が停止してしまいます。メールだけでなく、文書や見積もりの作成・在庫管理・財務管理など多岐にわたります。サーバー監視ツールなら障害が出てもすぐに対策してくれます。ファイルやハードディスクの安全性も監視されているので、サーバダウンという致命的なトラブルも回避可能です。

導入することで結果的にセキュリティー強化もできます。動作異常や不正アクセスを常に監視し、問題が発生すれば管理者に通知します。早期発見できるため障害発生を未然に防げる可能性が高まるのです。

 

サーバー監視するメリットや必要性は大きいです。トラブルを解決したり未然に防ぐことができるからです。システムがダウンすると、業務に支障が出るだけでなく企業の信用性にも関わります。そのため、監視するメリットは非常に大きいといえるでしょう。

システムが常に正常に動けばビジネスチャンスをみすみす逃してしまうこともありません。監視ツールは便利ですが、その分費用がかかる点は避けられません。どんなツールであっても同様です。もし異常監視だけ導入するなら最低限の監視となり費用を大きく抑えられます。デメリットもありますが、一定のセキュリティーがあることで安全な運営ができるのを念頭に入れてください。

サイト内検索
記事一覧