おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールはアップデートする際に監視が止まる?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/12

サーバー監視ツールの導入は、現代ビジネスにおいて非常に重要な事項となっています。しかし一度導入しただけでは安心と言えず、定期的なアップデートなどが必要となります。

そして、そのアップデートの際に不安に感じる点に、アップデートの最中に悪意のあるアクセスがあった場合どうなってしまうのかという点があるかと思います。

 

アップデートには細心の注意が必要

自社のサーバー監視ツールをアップデートしたいが、その最中に不具合が起きてしまいシステムが停止してしまわないか不安だ、セキュリティーが不十分になり、不正アクセスを受けてしまうのではないかなどの不安をお持ちの担当者の方などもいるかと思います。

その不安を少しでも解消したい時に気を付けるべき点は、始めから本番の環境で設定を反映せず、ローカル環境で一度そのアップデート後に正しくシステムが作動するかというワンクッション置いてから反映させるという工夫が必要になります。いきなり管理サーバーで更新してしまうと、ソフトウェアの仕様変更によりプログラムにバグが生じてしまう場合があります。

そのバグにより動作が不安定になったり、場合によっては動作をしないなどと言う状況に陥ってしまうことがあります。そのような不具合が起きてしまうと、監視システムの停止により監視が止まってしまう可能性があり、何かあった時に被害が拡大してしまう恐れがあります。

 

監視を止めないために必要なこと

サーバー監視をアップデートにより止めてしまわないためには、先述のワンクッション置いてからという手法を自社でとる以外にも、ホスティングサービスなどと言ったサービスを利用すれば、監視が止まってしまうというリスクを最小限に抑えることができます。

先述の自社でローカル環境を作り、そこで試運転をするという方法は非常にコストがかかる作業になります。コストと同時に、ローカル環境を生み出せる技術を持った人材も必要になるため、IT企業で技術者が多い企業であればまだしも、一般的な企業などでは非現実的な手段とも言えます。

そんな時にホスティングサービスなどを提供している会社のサービスを受ければ、安全性の確認をおこなってもらったうえでそのサーバーでセキュリティパッチ、アップデートパッチのインストールを代わりにおこなってもらえます。

多くの技術者やコストをサーバー管理にかけていられないという企業でも、このようなサービスを賢く利用して監視の目が止まることを防ぐことができます。

 

きちんとした手順を踏めば監視は止まらない

アップデートの際に正しい手順を踏んだり、専門の会社のサポートを受けたうえでアップデートをおこなえば、その時間を最小限に抑えることができ、監視が止まってしまい、セキュリティーが脆弱になってしまうという不安を極力取り除くことができます。

自社でできる管理は自前で行い、どうしても手の回らない所をITアウトソーシング会社に依頼するなど、管理手段を複数組み合わせるということもコストの面でも、リスクを分散して安定したサーバー運用のためには不可欠であると言えます。

 

サーバー管理に関しては、少し間違えてしまうと社内の業務が停滞してしまい、機会損失をしてしまったり、サービス利用者からのクレームにもつながりかねません。そうした多くのリスクを軽減するためにもサーバー管理は、目立たない業務ですが、現代のIT化やクラウド化が進む社会においては欠かすことのできない業務なのです。

慎重かつ迅速に定期的なアップデートをおこなっていくことが、被害を最小限に食い止めるための最善の手段であると言えます。

 

サイト内検索
記事一覧