おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視をする意味とは?

情報システムの部門の実務担当者でしたら一度くらいは耳にしたことのあるサーバー監視ですが、情報システム部門ではない一般人からすれば依然として身近な存在ではありません。

しかし、インターネットの浸透によって、その重要性は高まっています。

ですから、監視する意味や必要性について理解することは大切です。

 

サーバー監視が必要となる主な理由

サーバー監視というのは、エラーの検出であるとか、システム停止を避けることを狙って、24時間体制でサーバーを監視する会社の業務ということを意味します。

サーバーと簡単にいっても現実的には目的別に多種多様なサーバーがあります。

ウェブページを見せるためのWebサーバーのみならず、データベースサーバー、あるいはメールサーバーなど、たくさんのサーバーが結び付いて事業やサービスを作り上げています。

こうしたサーバーは、会社組織が安定したサービスを提供するためには準備しておかなければいけない要素です。

一例としてウェブサーバがダウンして長時間にわたって表示されないと、ユーザーの信用は損なわれます。

どういった人でも手を煩わせることなくネット接続できるからこそ、ユーザーはストレスを感じ取ったなら、見切りをつけ別のサービスに移ります。

ECサイトならば、サーバー内の支障は早い内に検知し対処する必要があります。

さらに、少し前までは監視を行う監視者を置いていましたが、今日ではオートマティックなシステムがでてきています。

 

死活監視によりサーバーの動作確認を行う

サーバーの管理対象は非常に広く、監視していくべき要素は広範囲にわたります。

まず第一に、死活監視があります。

サーバーが動いているか、あるいは異常を来たしてストップしているかを監視することになります。

システム外部から定められたサーバーに対し、ネットワークを介して所定の信号やパケットを送り、適正な応答が時間内に戻って来るかを確認します。

多くの場合、対象サーバーが動いているかどうかだけを調べ、細かい内部状況などは調べません。

応答がないケースではストップしているとみなして、管理者に対して知らせたり、オートマティックに再起動するようになっています。

 

サーバー管理のため広範囲の対象で監視が行われる

CPUもしくはメモリ、さらにハードディスクなど、サーバーに関係するハードウェア自体の状況を監視します。

サーバーを長期にわたって利用し続けると、CPUの温度そのものが引き上げられて熱暴走をもたらしたり、ハードディスクの異常回転によってストップしたり、冷却ファンが動かなくなったりといった障害が発現するリスクが高まります。

以上のような支障を前もって防ぐためハードウェア監視が必要になってきます。

また、 HTTPもしくはHTTPSといったベーシックなサービスが正しく動いているかどうかを監視するサービス監視があります。

所定の期間ごとに対象となるサーバーに対してコマンドを送り、応答がないケースや、異常性のある応答が返ってきたケースでは、故障と判定し、サービスが障害状況にあることを通知することになります。

さらに、データベースのプロセス並びにあらかじめセットしたアプリケーションのプロセスがある場合、ひとつひとつのプロセスの起動数並びに稼働状況をチェックし、異常が見られた場合には通知をします。

 

サーバーについては、事業の土台ということもできるパーツといえ、土台を盤石に保持しないことには事業の安定性が失われてしまいます。

特に、インターネット社会といわれて久しい現在において、サーバー監視は事業をスムーズに実行するうえで必須といえるでしょう。

したがって、自分の会社のサーバーについて、しっかりとした監視体制下にあるか、あるとすれば事業を円滑に進めるうえで信頼に値するものかということを検証してみることが重要になります。

サイト内検索
記事一覧