おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較してご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視のマニュアルはある?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2020/01/08

これからサーバー監視をする体制を整えていきたいと考えたときに手本になるものがないとなかなか具体的に考えられないので難しいと感じることもあるでしょう。監視を担当するエンジニアとしてもマニュアルがあればやりやすいのにと考えるかもしれません。サーバー監視に関するマニュアルは存在しているのでしょうか。

ハウツーに関するテキストはある

サーバー監視の体制を作るときに参考になるテキストがあるのかという観点では、マニュアルに相当するようなものは確かに存在しています。監視をする目的が何かということから始まり、具体的に監視業務として何が必要なのかを記述したテキストはたくさんあるのが現状です。

自社サーバーを立ち上げて運用したり、クラウドサーバーを契約して使ったりする企業が増えてきている影響で、その運用におけるトラブルに対処するためのハウツーとしてテキストがよく作成されるようになりました。

サーバーの種類やサーバーの使用目的などに応じてどんな監視をしたら良いかを具体的に記述しているテキストも豊富にあります。出版されている本だけでなく、オンラインテキストやブログなどもあるので情報収集をするのはあまり難しいことではありません。いくつかのテキストを参考にしてみるとどんな体制を整えれば良いかが明確になるでしょう。

監視ツールのマニュアルもあるのが普通

実際にサーバー監視をする段階になると専用のツールを導入して運用するのが一般的です。監視ツールを使うエンジニアとしてはマニュアルがあるのかどうかが大きな懸念点になるでしょう。使ったことがないツールを試行錯誤で使えるようにするにはかなりの時間と労力を要するからです。

監視ツールのマニュアルについては付属しているのが普通ですが、中には使い方に関する文書が存在していないものもあるので注意しなければなりません。パッケージ型になっていて導入すればそのまま使える形の監視ツールであれば通常は開発業者が作ったマニュアルを提供してもらえます。使い方がわからないときには問い合わせれば丁寧に教えてもらえるでしょう。

一方、OSSの監視ツールの場合にはソースが公開されているだけで使い方についての情報が全くないことも多いのが実態です。マニュアルがないとツールを使える自信がないという場合にはOSSのツールは避けておくに越したことはありません。

あくまで一般論なので気を付けよう

マニュアルがあると便利なのは確かですが、記述されている内容はあくまで一般論だということは念頭に置いておく必要があります。サーバーの監視体制を作る場合でもツールを使う場合でも記述されている通りにするのが最適解であるとは限りません。

特に監視体制を作るときには実際の運用状況や使用しているサーバーに合わせて最適化しないと監視業務に過不足が生じてしまうリスクがあります。初期にはテキストを参考にした形で運用するとしても、速やかに改善を図っていくというスタンスを持つことが大切です。

ツールの使い方についても発想次第でいろいろな応用ができる場合も多く、必ずしも標準的な使い方をする必要はありません。現場に合わせて最適な監視の仕方がどういうものなのかを意識し、できることは順次改善していくようにしましょう。

 

サーバー監視のやり方についてのハウツーが記載されているテキストは存在しているので、これからサーバーの監視体制を整えるときには参考にできます。監視ツールの使い方についても通常はマニュアルがあるので困ることはありませんが、OSSの場合には自分で使い方を見極めなければならない場合もあります。

マニュアルに書かれている情報はあくまで一般論なので、より良い監視体制を整えるためには現場に合わせていくことが大切だということも念頭に置いて読んでみるようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧