おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールはメール通知も可能?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/11

サーバー監視ツールを上手に利用することによってサーバーを自動的に監視してもらえるだけでなく、トラブルが起きてすぐに連絡がもらえるようになります。では、もしサーバーでなんらかのトラブルが起きてしまった場合、どのような方法で連絡してもらうことができるのでしょうか。

トラブルが起きたらすぐに連絡してもらえる

サーバー監視ツールはサーバー運用業務における負担をかなり軽減することができるので、積極的な利用が推奨されています。サーバー監視ツールを利用すれば、24時間365日体制で監視してもらうことができるので、何かトラブルが起きてもすぐに対応できます。

では実際にトラブルの連絡はどのような方法でおこなわれているのかというと、一般的にはメールを利用する方法が多く利用されています。登録しておいたアドレスに連絡してもらうことができるので、そのメールを確認すればすぐにトラブルに対応することも可能です。

またメール自体は以前のように遅延してしまうということもなくスムーズに送られるので、リアルタイムでの対応が可能です。もちろんパソコンだけでなくスマートフォンなどにも届くように設定しておけば、いつでもすぐに連絡内容を見て対応することも可能です。

だから、放置してしまってずっとサーバーに異常が起きた状態になってしまうということも、監視ツールを利用すれば起きないと言って良いでしょう。

リアルタイムでのやりとりはできるけど

メール自体はリアルタイムでのやりとりができるようになっているので、現在ではサーバー監視ツールを利用したときの連絡手段として多く利用されています。監視ツール自体は有料のものと無料のものがありますが、基本的にはどちらのタイプを選んだとしてもメールでの連絡はできるようになっています。

ただ、メール自体はたしかに便利な連絡方法ですが、もしもそのシステムでなんらかのトラブルが発生していたらどうでしょうか。ほぼリアルタイムでのやりとりができるはずなのですが、なかなか届かない、送られたことに気付けないということも十分あり得ます。

したがって、現在ではたしかにメールは非常に便利な連絡方法として確立していますが、実際にはメール以外の方法も併用するのが多く選ばれています。ダブル、トリプルで対応することによって、より確実にトラブルの連絡が届きやすくなるというメリットがあるからです。

いろいろな方法でトラブルの連絡をする

一般的にはトラブルが何か発生したときの連絡はメールを利用するのが多いのですが、もしかしたら正常に届かない可能性もないわけではありません。そのため、現在では電話やSMSも同時に利用できるサービスも多く展開されています。このように二重、三重での対応をすることによって確実に連絡が届くようになるからです。

したがって、現在ではメールだけで対応しているというところもありますが、それ以外の方法も合わせて利用できるというところも出てきています。また、障害の状態によって利用できる連絡方法を選ぶことができる場合もあるので、サーバー監視ツールは非常に使い勝手が良いサービスとなっていると言って良いでしょう。

 

サーバーに何かトラブルが起きてしまっていないかを関しするために利用できるのが監視ツールと呼ばれるものです。もしもトラブルが起きていた場合は利用者に対してその旨を伝えることになりますが、その伝達方法としてはメールが一般的です。パソコンだけでなくスマートフォンでも確認できるようになるので、連絡にすぐに気付けるというメリットがそこには存在しています。

また現在ではそれだけでなく電話、SMSを利用した連絡も選ぶことができるようになっているので、好きな方法を選ぶこともできるようになっています。

サイト内検索
記事一覧