おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視業務に必要な資格はある?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2020/01/08

サーバー監視業務に就くためには、未経験からでも就けるものなのでしょうか。もちろん、経験がなくとも雇ってくれるところもあるでしょうが、給与アップや、将来の飛躍を考えているのならば、取得しておいたほうがいい資格を知っておきましょう。

サーバーエンジニアとして活躍できる

サーバーが機能すると24時間体制で監視しなければなりません。もちろん、そうしたツールを導入すれば、自動監視で手間要らずですが、多くのサーバーは万一に備え、同期、途切れないシステムでなければならず、ツールありきではなく信頼性を持つことでユーザーにも評判となるようです。今、サーバーを監視する仕事にも注目が集まり、正社員のみならず未経験からのアルバイトも可能だといいます。

その職務に就くのが『サーバーエンジニア』で、サーバー設計のみならず、運用や保守というハードウェア部分、サイドのソフトウェア設定、運用や保守などもおこないます。セキュリティー対策なども担うスペシャリストで、システムそのものがトラブってしまっていないかをチェックしてみたり、管理者が供給するサービスそのものが稼動しているかリサーチすることもあるようです。一口にサーバー監視業務といっても、利用者に問題なくサービスが行き届いているのかチェックすることも必要になるようです。

また、サーバーエンジニアとしては、収入アップを見越して『資格取得』を考えてみるのもありでしょう。そもそも、サーバー監視業務に必要な資格があるのかどうかも気がかりですが、世界基準の資格を取得している者は、外国企業のサーバー監視業務も担っていますし、高く評価されることになれば、手当も付きます。

取得しておきたい内容をチェック

サーバー監視業務に必要な資格を手に入れておくのがベストであるのは理解できる内容ですが、サーバーやセキュリティーに関連する資格のみならず、ネットワークという範囲からも考えてみましょう。保守と同時に問題を早期に発見する力、それらを解決する力、さらに保守するという阻止する対策ができる能力は必要不可欠でしょう。

サーバー監視業務を担うサーバーエンジニアいわく、上流タスクのテクニックや各種OSの知識、クラウドに関しても民間検定だけでも取得しておくことを推進しています。

特に、セキュリティーに関係する広い範囲の知識を学び修得しておけば、コンピューターウイルス、クラッキング攻撃にも対向することがたやすくなるでしょう。処理スピードが早ければ、仕事ができる人材である評価点も得られるはずです。代表的なものとしては、OS系とネットワーク系で、有効性が高いようです。

コミュニケーションもポイントになる

OS関連では、技術者認定試験やプロフェッショナル認定などがありますが、業務に必要性がなくとも、システム構築であったり管理技術力、企業LANの保守などをおこなうキャパを証明できるなら、就職や転職にも有利でしょう。例えば、データセンター監視チームでは、意欲的な若手を採用している話も耳にします。

また、ネットワークあるいはサーバー、いずれかの知識あるいは資格を持っていれば、プロジェクトに携わる機会もあり得るでしょう。

ちなみに、チームで動くこともあり、コミュニケーション能力は必須ともいわれますし、国際的ネットワークであるがゆえ、英語力の必要性をサーバーエンジニアが口にしていますから、社会性を教育機関で学ぶことも必要かもしれません。

 

サーバー監視業務は、未経験からでも可能だといいますが、取り柄がないより、何かしら資格があるだけで待遇も違ってくるようです。また、任される業務も多岐になるようです。どんな内容の知識や技術を持っておけば安心なのかといえば、セキュリティー面であったり、OSやネットワークという分野にまで広がります。

しかし、取得しなくとも、マニュアルもあり、未経験からでも育成させてくれるので不安なく業務に就くことはできます。しかしながら、取得することにより、将来性も範囲がワイドになるなどの魅力もあります。

サイト内検索
記事一覧