おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較してご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

定年までサーバー監視の仕事をすることはできる?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/17

定年までサーバー監視の仕事をメインに続けたい人は、個々のスタッフのキャリアアップの支援がしっかりとおこなわれているところや、昇給やボーナスなどの仕組みが整っているところを勤務先に選ぶことが大切です。また、上昇志向の強い人は、現場で一定の業務経験を積んだ後に、各部署のリーダーを担当できる会社を優先的に探してみましょう。

キャリアアップを図りやすいIT企業で働こう

サーバー監視の仕事はルーティンワークが中心となりますが、実務経験を積んでさまざまな知識や技術を習得することで、IT系のエンジニアとして長く業界内で力を発揮することができます。特に、大手企業においては、個々のスタッフのキャリア形成を支援するため、さまざまな形で研修を実施したり、経験豊富なスタッフが新人の仕事上のフォローをしたりするところも多くあります。

そこで、将来を見据えてサーバー監視の仕事を選ぶ際は、就職活動中に各部署の人員配置が適切なところや、面倒見の良いエンジニアが揃っているところを見つけることが大事です。なお、IT系の求人情報がたくさん掲載されているサイトの中には、条件が良い正社員の求人も少なくないため、じっくりと自分の適性やキャリアに合う職場をチェックしてみましょう。

会社ごとの昇給やボーナスなどの仕組みに目を向けよう

サーバー監視の仕事を長く続けるには、将来的に高収入を得やすい職場を見極めることが重要となります。たとえば、スタッフの業務の成果や勤続年数などに応じて、定期的に昇給がおこなわれる会社は、さまざまな立場の求職者から人気が集まっています。

また、業績が良い会社の中には、年に数回のボーナスの支給がおこなわれることもあり、経済的な面で不満を感じることなく働ける環境が整っています。大手のIT企業のホームページなどでは、サーバー監視を専門に扱う部署で定年を迎えたスタッフの感想などが紹介されることもあるため、職場選びの際に参考にしてみると良いでしょう。

その他、給料の良し悪しについては、個々のキャリアやスキルだけでなく、勤務先の方針にも大きく左右されます。そのため、働き始めてから後悔をしないためにも、求職中に積極的に気になる企業の担当者に相談をすることがおすすめです。

周りから信頼を得るには難易度が高い国家資格を取ろう

サーバー監視の仕事を通じて周りのスタッフから信頼を得るには、日々の業務に取り組むだけでなく、自主的に勉強をして難易度が高いIT分野の国家資格の取得を目指すことが大切です。企業によっては、管理職に昇格をするための条件として、特定の資格取得を義務付けているところもあるため、就職後にスムーズに出世をしたい人は、将来的に必要となる資格の種類や学習方法を調べてみましょう。

また、資格取得によって得られるメリットについては、サーバー監視の仕事の経験が少ない人にとって分かりづらいこともあります。そこで、場合によっては各地で開催されているIT業界への就職を希望する人をターゲットとしたイベントに顔を出すと良いでしょう。

 

サーバー監視の仕事に対する社会的な需要は各地で高まってきており、業績が良い会社に就職をすれば定年まで満足のいく条件で働き続けることが可能です。特に、教育制度がきちんと整っているところや、働きながら情報処理の資格取得ができるところを勤務先に選ぶことで、順調にスキルアップを図りながら管理職を目指せます。

また、サーバー監視の仕事の待遇は、個々人の過去のIT業界におけるキャリアやノウハウばかりでなく、勤め先の経営状態や事業内容などによって左右されることもあります。そうした中、長期にわたり同じ会社でキャリア形成をするうえで、各社のサーバー監視の仕事を担当しているスタッフへのフォローの内容をきちんと把握することが大切です。その他、時間的な余裕があれば、興味があるIT企業の採用担当者に直接コンタクトを取って、就職後の働き方について話を聞いてみるのもおすすめです。

サイト内検索
記事一覧