おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールの導入方法とは?

今はあらゆる企業でインターネットを活用したサービスやシステムが構築されています。

そこには必ずサーバーが用いられていて、このサーバーの状態を人の目によって監視することは難しく、異常事態が発生して初めて気づくことがあります。

そしてサーバーが安定して稼働を続けるための予防策としてサーバー監視ツールがあります。

人の目には見えないサーバーのトラブルを予防する

Webサービスやシステムを構築している多くの企業では、サーバーが安定して稼働を続けることが言わばあたりまえのように思われがちです。しかし、実際には思わぬトラブルが起きて正常に稼働しなくなっていることも大いに考えられるわけです。

人の目には見えないところで何が起きているか分かりません。こうしたトラブルを未然に防ぐためにはサーバー監視ツールが必要不可欠になります。このツールの役割はサーバーが正常に稼働しているかを監視するもので、もしもそこで何らか異常が認められるときには迅速に管理者へ報告する仕組みです。その報告方法はメールなどのオンラインでおこなわれるほか、音声やランプ点灯といった通知方法があります。

もちろん、このツールにはサーバーのトラブルの原因を究明するという大切な役割がありますが、一方で予防という役割もあるわけです。なかなか人の目には見えないサーバーの稼働状況をいち早く検知し、最悪のシステムダウンを防ぐことも大きな仕事になります。

サーバー監視を導入する方法は二通りある

サーバー監視導入についてですが、その方法は大きく分けて二通りあります。一つは自社でおこなうという方法と、もう一つは外部に委託するという方法です。どちらを選ぶかはそれぞれ企業ごとに異なるでしょう。

基本的にはどちらもサーバー監視ツールを活用する場合が多いですが、自社で監視をおこなうときには必ずこのツールが必要になります。しかも、サーバー監視には複雑な専門知識が必要になることから、監視する担当者はかなりの専門知識を持った経験者であることが望ましいです。

あまり専門知識と経験のない人が担当する場合には、ツールも扱いやすいもの導入をする必要があります。ただし、こうしたサーバー監視は四六時中おこなわなければ意味がありません。ですから自社でおこなうにはどうしても限界があります。

そこでサーバー監視を外部に委託する企業が増えているのが現状です。外部に委託することのメリットは、専門の知識や経験がなくてもシステムの運用ができ、もしものトラブルの際には迅速に対応してもらえるところです。

ツールを導入する際に気を付けたいこととは

まず、単純にサーバー監視ツールと言っても、このツールには実にさまざまなものがあり、ものによっては専用のOSにしか対応しない場合や、バージョンによっても対応しないこともあるわけです。

今は多種多様なOSやバージョンに対応できるツールも多くなってきましたが、中にはせっかく導入したのに上手く起動しないということも起こると認識することが必要でしょう。また、ツール導入に際してコストを削減したいと考えるのであれば、ツールの選択にも十分に気を配ることが必要です。

 

Webサービスやシステムを構築している企業には、サーバーのトラブルを素早く検知し、その原因を究明するサーバー監視ツールの導入がおすすめです。サーバーが正常に稼働しているかどうかは人の目ではなかなか見つけにくいことから、自社で監視をおこなうときにはこのような専用のツールがどうしても必要不可欠になります。

このツールには扱いやすいものからコストを削減できるものなど、実にさまざまなものがありますから、自社に最適なツールを選ぶ必要があります。

サイト内検索
記事一覧