おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツール選びのポイントとは

重要なデータをサーバーで一括管理したり、シンクライアント方式で端末を稼働させたりする企業が増えてきました。

それだけにサーバーが動作を停止したり、またはサイバー攻撃などの不正アクセスで情報の流出があったりするリスクは絶対に避けなければなりません。

そのためにサーバー監視についての関心も高まり、さまざまな方法でのサーバー監視が重要になってきています。

サーバー監視の種類にはどんなものがあるか

サーバー監視は、大きく「正常監視」と「異常監視」に分けることができます。

正常監視は、サーバーが正常に動作していることを管理者が常時確認できるようにすることです。

異常監視はサーバーの動作に異常がないかどうかを確認することです。

サーバーに異常があって動作が停止していたり、動いていてもサービスが遅延したりしている場合に、管理者に通知する仕組みです。

異常の通知はメールや自動音声、webブラウザでの表示、赤ランプの点灯などの方法で行います。

どちらの場合も、サーバーの管理者に迅速に情報が伝わるようなシステムにしておくことが必要になります。

一般の端末とは違い、サーバーは24時間体制で動作しているものが大部分であるため、サーバー監視を常時有人で行うことは現実的ではありません。

そのため、多くの場合サーバー監視ツールが用いられ、必要な場合にのみ有人での対応を行う仕組みがとられています。

信頼性の高い監視ツールを用いることで、導入コストは必要になっても、その後のランニングコストの節減や人的資源の有効活用につながります。

サーバー監視ツールはどんな方法で監視をしているか

企業においては、サーバーが担っている役割はそれぞれ違います。

そのためにサーバー監視の方法にもさまざまなものがあります。

その中で代表的なものが、「死活監視」と呼ばれているものです。

死活監視は、サーバーが停止せずに動作しているかを点検することで、例えば「ping」と言われるコマンドを定期的にサーバーに送信し、一定の期間内に正常な反応が返ってくるかどうかで、正常な動作かどうかを判断します。

またサーバーが動作していても、負荷のかかりすぎた状態になっていないかを監視する「負荷状態の監視」も行われます。

CPUやハードディスクの使用率、メモリやネットワークの使用量をリアルタイムで点検します。

サーバーへの負荷が限界値を超えてしまうと、サービスの遅延や停止につながるため、負荷状態を確認して、必要ならばアクセスを制限するなどの措置をとらなければなりません。

他にも不正アクセスの有無などネットワークの使用状況を確認したり、アプリケーションが正常に動作しているかを確認したりするなどの方法があります。

サーバー監視ツール選び方のポイント

サーバー監視ツールの選び方で最も大切なことは、その目的をはっきりとさせることです。

サーバーが停止せずに動作しているかだけを監視したい時は、「死活監視」のできる監視ツールがあれば十分になります。

サーバーの主な役割がデータの管理や保存だけという場合がこれにあたります。

シンクライアント方式で端末を管理したり、常に外部との情報通信を行い、顧客データなどを働いている人の端末とやりとりをしているような使用法の場合には、外部との通信が正常に行われているか、不正なアクセスがないかを点検する「ネットワーク監視」のできるツールの使用が必須です。

アプリケーションを業務上で利用したり、マクロ機能を利用することによって業務を効率化したりしている場合には、「アプリケーション監視」ツールが欠かせないものになります。

このように、サーバーをどのように用いているのかによって、サーバー監視ツールに求める内容も変わってきます。

これらの必要な機能が備わったツールから、コストやアフターケアの充実などを考えて選択することになります。

おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツールランキングはコチラ!

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://server-kanshitool.info/column/how-to-choose/

トップページへ戻る