おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

フリーのサーバー監視ソフトの機能性は?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/08

サーバー監視をするためのツールを導入する際にフリーのソフトか、有料のソフトか、悩む方は多いかと思います。そもそもフリーのサーバー監視ソフトの機能性はどうなのでしょうか。その実態を踏まえてどんなツールを導入すべきかをよく考えてみましょう。

フリーの場合には機能性が千差万別

フリーのサーバー監視ソフトで必要な監視業務を十分におこなえるなら有料のものに手を出す必要がなくてコスト的にも理想的だと考えるのはもっともなことでしょう。機能性が十分ならきっと監視も適切な形でおこなえるはずだと考えているかもしれません。

まず、機能性の面について理解しておきたいのが、フリーの場合には千差万別で玉石混淆だということです。フリーだからといってサーバー監視に使う価値がないようなツールだったとしたらユーザーが出てくるはずもなく、公開する意味すらなくなるので世の中から消え失せてしまうことになります。ある程度以上の使い勝手の良さがあるからこそ公開が続けられ、場合によってはアップデートも継続しておこなわれているのです。

また、有料とされているソフトの場合にも機能制限がつけられてしまうだけで無料でも使えることがよくあります。このようなツールならかなり高い機能性を持っていると期待できるのは確かですが、確かに誰も使わないようなツールも出回っていないわけではありません。選び方次第で十分かどうかが違うということを念頭に置いておく必要があるでしょう。

エンジニアのスキルに合わせて選べば十分

フリーか有料かということで悩んだときに最も重要なのはサーバー監視をするエンジニアのスキルに合わせることです。フリーソフトの中にはソースが公開されていて自由に改変して利用できるものもたくさんあります。現場に合わせて最適化できるスキルがあるエンジニアを雇っているなら、改変できない有料のソフトを使うよりも高い精度で監視をおこなえるようになる可能性が十分にあるのです。

一方、あまりスキルがないエンジニアしかいないという場合には、機能が充実していて知識やスキルをカバーできる有料のツールを選んでおくのが無難です。エンジニアのスキル次第で最適なツールは違うので、担当者を決めてからどのツールにするかを決めると良いでしょう。

安心して運用できるようにしたいなら

サーバーは安定して動作するようにすることが重要なので、監視を始めたのに不具合や障害が発生しまうというのでは元も子もないでしょう。安心して運用できるようにしたいのであれば、機能性が不十分なリスクがあるフリーソフトを選ぶよりも有料のものを選んでおくに越したことはありません。

エンジニアの力量によっては機能が過剰という場合もありますが、うまく活用できれば負担を軽減することにつながるのも確かです。費用がどのくらいかかるかにもよりますが、人件費を削減できる可能性があることを考慮すると有料のものを選んでおくのが無難な考え方と言えるでしょう。

 

フリーのサーバー監視ソフトを導入するだけで十分に監視業務をおこなえることもありますが、機能性は千差万別なのでエンジニアの能力に大きく依存することは否めません。サーバー監視を担当するエンジニアにフリーのものでも問題ないかを確認してもらうのが理想的でしょう。

安心して運用できるようにすることを重視するなら、機能面で不足していることが滅多にない有料ソフトを使うに越したことはありません。エンジニアにとって機能が過剰だったとしても業務負担を軽減することにつながるのでコストパフォーマンスは高いでしょう。

サイト内検索
記事一覧