おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視システムの特徴は?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/02/15

ビジネスなどに使用するサーバーは常に健康な状態を維持できるというわけではなく、様々なトラブルが発生するリスクが潜んでいます。

もし何らかの問題が発生した場合は迅速に対処しなければなりませんが、そんな時に活用できるのが常に監視できるという特徴を持ったサーバー監視システムです。

 

サーバー監視システムの役割と機能

サーバーは稼動している間はいつトラブルが発生してもおかしくない状態ですが、それを人の目で監視するのは非常に大変なことです。

24時間稼働しなければならないサーバーも少なくなく、コストも大きくなってしまいます。

その課題を解決できるのがサーバー監視システムで、基本的にコンピューター管理である程度自動化がされるので、サーバーが稼動している間は常に対応可能になるという特徴があります。

全体的なシステムの停止が起こってしまわないように、常にチェックする機能のことを死活監視といいます。

サーバーに異常を発生させる原因としては、部品の物理的な故障やシステムそのものの異常、外部から攻撃を受けるなど様々なことが考えられます。

そしてただ稼動させているだけでは、トラブルが発生しても気づかない場合もあります。

そうなると見つかるまでに症状が悪化したり、大切な情報が失われかねません。

それらの異常を未然に防ぐためにトラブルをいち早く見つけて利用者に知らせるのが、サーバー監視システムの役割のひとつです。

中には平常時であっても、そのステータスを表示することでアピールする製品もあります。

 

症状に対するサーバー監視の役割

またサーバーのトラブルは全体が使用不可能になるクラッシュだけではありません。

作動スピードが落ちたりインターネットにアクセスできなくなるなど、規模を問わなければ多岐に渡ります。

もちろんそれぞれ対処しなければならない手順が異なり、ここではサーバー監視システムのですが共通しているのは、トラブルが発生した時には何らかの痕跡を残すということです。

そこが判明していれば問題の解決の大きなヒントになり、速やかに対処するための手助けになります。

 

数が多いサーバー監視システムの性能

サーバー監視システムは様々なメーカーが作っていて、それぞれが持つ機能も多種多様です。

機能のほとんどが自動化されていてこともあれば、カスタマイズ性や自由度が高い代わりに使いこなすのに技量を要するものなど幅広いです。

そのため使用する人の技術力との兼ね合いも、選択する上では大切な要素のひとつです。

もし必要でない機能が多く搭載されたサーバー監視システムを導入すると、その性能だけでなく費用も無駄になってしまいます。

逆に機能が目的よりも小さければ、問題解決ができないどころか場合によってはトラブルにさえ気づけない怖れもあります。

そのようなことにならないために、しっかりと情報を集めて目的に合った製品を選ばなければなりません。

多くのサーバー監視システムは試用期間を設けての無料使用が可能なので、実際に導入して見て使い勝手を確かめることができます。

ビジネスの根幹にも影響しかねないので、選択をする場合は念には念を入れておいても損はありません。

またシステムを導入したからといって、完全に使いこなせるとは限りません。

いざという時に満足な使用ができなければ、導入した意味がなくなってしまいます。

そうならないためにもサポート体制が充実しているかを見ることが大切で、中には24時間365日のサポートを設けているところも多いです。

 

サーバーがトラブルを起こしてクラッシュしてしまうと、ビジネスにおいては様々な機会が失われてしまいます。

規模が小さくてもアクセスの不調や動作が重くなれば、クライアントにまで影響を与えかねません。

そうならないためにサーバー監視システムを導入し、万が一のことに対して万全の備えをしておくと良いでしょう。

 

サイト内検索
記事一覧