おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールの国産と外国産の違いはある?

サーバーの安定運用と保守管理に欠かせないサーバー監視ツールには、大きく分けて国産と外国製の2種類があります。

それぞれの違いとメリットやデメリットを比較して、どちらを導入すればよいかを検討してみましょう。

 

きめ細かいサポートが期待できる国産ツール

国産のサーバー監視ツールは日本人が開発しているので、ローカライズの必要がなく導入しやすいことがメリットとして挙げられます。開発者と直に話し合える機会も少なくないため、細かな点までアドバイスを受けることができます。

自社に合わせてカスタマイズを考えている場合にも、利用しやすいと言えるでしょう。また万が一ツールに何らかのトラブルが発生したり、仕様を変更したくなったりしたときにも、迅速・機動的に対応してもらうことが可能です。

監視ツールを初めて導入するときなどは、きめ細かいサポートを受けられる国産のシステムが頼りになるでしょう。もちろんサービスの内容が充実すればするほど、利用料金は高くなるのが一般的です。

場合によっては余計なサポートが含まれていることもあります。コストをかければ良いというわけではないので、自社にとって必要不可欠なサービス内容を精選し、最適なサーバー監視ツールを導入することが大切です。

 

汎用性が高くグローバルに対応した外国製

外国製のサーバー監視ツールは世界中で導入実績があり、汎用性の高いことが特徴のひとつです。基本部分は英語で設計されていますが、もちろん日本語で設定することも可能です。

日本では外資系の企業などで導入されるケースが多く、グローバルに対応できる点がメリットと言えるでしょう。近年では中小企業でも海外に販路を広げたり、生産拠点を置いたりすることが当たり前になっています。

特にネットビジネスの世界では、ボーダーレス化は不可避といえます。これから海外に進出しようと考えているなら、外国製のツールの利用も一考に値するでしょう。

外国製のツールは日本では代理店や販売店を通して購入することになります。そのため国産のツールに比べると、細かいサポートが受けられるかどうかは微妙です。

対応は代理店によって異なり、手厚いサービスを売り物にしているメーカーもありますが、開発チームがサポートに来てくれるようなことは期待しにくいでしょう。

 

それぞれの特徴を踏まえて選びましょう

国産と外国製のどちらを選べばよいかは、各社の置かれた状況によって異なるので、一概には言えません。

自社内に対応できる人材が少なく、システムの運用に不安があるなら、素早いサポートのできる国産のツールが向いているでしょう。

ある程度自前でシステムを構築できる資源が整っているなら、外国製の汎用度がメリットになるかもしれません。

もちろん最適なツールは、会社の規模や運用の実態に応じても変わります。データの保存や管理だけを主な業務にしているなら、それほど大規模なツールは不要です。コスト面とも考えあわせて、機能を絞り込む必要があります。

お試し期間を設けているサービスもあるので、利用してみるのもひとつの方法でしょう。いずれにしてもサーバー監視ツールは24時間365日稼働するものですから、実績と信頼性を重視して選ぶことが重要です。

ランキングの上位に挙がっているサービスの中から、自社に合ったものを探してみてください。

 

サポート面では国産のツールがやや有利ですが、機能を絞り込んだ低コストのものは、サービス体制もそれなりになっています。一方で外国製のツールでも、システムに詳しい担当者がサポートしてくれる場合があります。

両者の違いは必ずしも絶対的ではないので、そこまで気にする必要はありません。それよりも自社の業務内容を踏まえ、期待するサービスを明確にすることが、失敗しない監視ツール選びのコツといえるでしょう。

サイト内検索
記事一覧