おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較してご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視とネットワーク監視の違いは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/22

会社にサーバーを導入しているところはセキュリティをしっかりしないといけません。ウイルス対策やハッキング対策をすることにより会社の情報を安全に保つことができます。ここではサーバー監視とネットワーク監視の違いについて詳しく解説をしましょう。

まずはサーバーとネットワークの違いを把握しておこう

ネットワークとサーバーは全く違うものです。基本的にサーバーはソフトウェアをインストールしたパソコンを指す言葉です。ユーザーたちはサーバーにアクセスをしてソフトウェアなどの機能を使うことができます。ただしサーバーはそのままでは多くのユーザーがアクセスできません。そこでネットワークを利用してアクセスできるように道路を作りましょう。

基本的にネットワークはある場所にアクセスするために使用する道路のような役割があります。道路がなければユーザーは車を使って目的地まで行くことができないので注意が必要です。そのためネットワークは重要な要素です。またネットワークを利用すればサーバー以外にインターネットにアクセスをするときにも使用します。社内にあるシステムを利用するために必須となる要素なので覚えておいて損はありません。

ネットワーク監視は経路がパンクしないようにする行為

ネットワーク監視とは主に社内のネットワークになにか起きないか監視をする行為です。例えばネットワークがダウンしてしまわないように監視をおこないます。サイバー攻撃により特定のシステムにアクセスが集中するとネットワークがダウンしてしまうので注意が必要です。するとシステム自体が作動しなくなってしまうので業務に支障が出てしまうでしょう。またアクセスが多くなるとネットワークのレスポンスが低下します。

上記のようなトラブルがないようにしっかり管理をすることがネットワーク監視という行為です。ちなみにしっかりと監視をするときには経路監視や状態監視などをおこなう必要があります。ちゃんとした監視をするには人力だと難しいので、ネットワーク監視システムというものを導入すると楽です。

サーバー監視は正常に動作しているのかチェックする行為

サーバー監視もネットワーク監視と同じようにサーバーにトラブルがないか管理をおこなう行為です。サーバーそのものにトラブルが起きてしまうとアクセスができなくなってしまいます。社内のサーバーにアクセスが集中すれば処理ができなくなりダウンしてしまう危険性があるでしょう。そうなるとサーバー内のソフトウェアが利用できなくなってしまうので注意が必要です。

ちなみにオンラインサイトもアクセスが集中するとサーバーダウンをしてアクセスできないといったトラブルが発生します。基本的にサーバーは異常監視と正常監視という2つのものが用意されています。異常監視はサーバーに異常が発生していないかを確認するものでかなり重要な要素です。

サーバー監視とネットワーク監視は同時に導入します。各設備の監視をおこなう人を決めて効率よく管理をすることが大事です。自社で対応できるスタッフがいないときは専門サービスを使用することも可能です。専門サービスではネットワークとサーバーをまとめて管理してくれるので非常に便利でしょう。小さい企業だと少人数で構成して管理ができますが大企業だとそうはいきません。サーバーもたくさんありネットワークも複雑なので、専用のツールを使用するのがおすすめです。

 

ネットワークはユーザーに対して道を提供するものです。サーバーは目的地として機能するものでどちらも重要でしょう。サーバー監視とネットワーク監視は上記の設備にトラブルが起きないように管理をおこないます。例えばサーバーやネットワークがダウンしないように監視をして、トラブルなく運営できるようにするものです。自分たちで管理をするのも良いですが専用会社を利用してまとめて管理依頼をすることができるので、面倒なら利用してみましょう。

サイト内検索
記事一覧