おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールにかかる費用はどのくらい?

サーバーはその性質上24時間365日稼働させておく必要があります。

しかし、サーバーが問題なく作動するという保証はなく何らかの理由でトラブルが発生します。

このトラブルにはいち早く対応するために監視をしておく必要がありますが、監視をヒューマンパワーにすべて頼るのは効率的ではなく、サーバー監視ツールを導入して問題発生の検知をサポートさせるのが一般的です。

サーバーで起こりうるトラブルとは

サーバーで起こるトラブルは、内部要因外部要因があります。

内部要因はサーバーの機器そのものに問題が発生することです。

機器トラブルで特に多いのはハードディスクなどの記録装置の障害で、多くはこの障害が発生する前に新しいものに交換していきますが、いつ障害が発生するのかは未知数です。

また落雷など自然災害による破損やメンテナンスでのミスなども考えられます。

一方で外部要因はネットワークからサーバーへの不正な操作によって起こる問題です。

不正な操作は意図して行われるものと、意図せず行われてしまうものがあります。

単にサーバーに高負荷を与えるだけの問題であれば、ネットワークから切り離せば状態を改善することができますが、悪意を持ってサーバーに侵入してくる場合には、行われた不正行為を把握する必要があります。

このような問題に最終的に対処するのはヒューマンパワーですが、いち早く異常を検知することでダメージを最小限にして復旧作業を円滑にすることができるため、サーバー監視が重要になります。

サーバー監視ツールの種類と導入

サーバー監視は、それぞれ目的に応じて導入することになりますが、多くのサーバー監視ツールで実装されているのはネットワークサービスアクセスログ管理です。

これらはネットワークそのものの問題とアクセス者の行動を見るもので、サーバー監視ツールでは基本のシステムになります。

また稼働状況の可視化ツールコンソールといったものは視覚的に管理者にサーバーの利用状況を伝えるものです。

特に複数のサーバーを運用する場合においては重要で、迅速に問題のあるサーバーを見つけ出すといった面でも意味のあるものです。

一方でサーバー監視ツールを導入するさいの注意点は、運用するためにもコストが掛かることです。

小規模なサーバーであれば運用しているサーバーにインストールして、そのサーバーのリソースを使って行いますが、大規模なサーバーとなると監視するためのサーバーを用意しなければなりません。

リソースが足りていない場合には満足いく対応ができない可能性もあり、このためバランスの取れた環境を作り上げる必要があります。

サーバー監視ツールの導入にかかる費用

サーバー監視ツールを専門のシステム開発会社に発注した場合には初期導入費用運用費用の2種類から選ぶことになります。

既成のサーバー監視ツールを必要最低限だけ使うだけであれば、それほど費用はかかりませんが、それぞれのサーバーにカスタマイズして導入する場合にはシステムを構築に費用が発生します。

またシステムを導入しても運用するのは発注者ですから、運用手順を監視要員に周知し問題が発生した場合の対応などの研修なども必要になります。

一方で運用費用は監視そのものを外注するもので、問題があれば運用会社が対応をしてくれます。

自社で専門の監視要員を置く必要がないメリットがあります。

費用としてはサーバーの台数によって異なりますが、初期導入タイプの標準的なプランでは100万円程度で行うことができます。

運用タイプでは月額30万円程度年間360万円程度の費用が発生します。

どちらも長所と短所があるためサーバーの利用状況に応じてコストと得られる結果を見て、サーバー監視ツールを導入することが大切です。

 

サイト内検索