おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視の仕事内容とは?

パソコンやインターネットが身近で当たり前の存在となった今の時代では、サーバー監視はかなり重要視されるようになりました。

一般的にはサーバー監視サービスを行っている業者に委託して、監視を代行してもらうか、サーバー監視ツールを導入して社内で利用するというのが基本となっています。

サーバーを監視する仕事も需要がありますが、どのような仕事内容なのか疑問に感じるのではないでしょうか。

勤務先による違いはありますが、ある程度の基本は同じとなっているので把握しておくべきと言えます。

 

基本としてサーバーの監視を行う

サーバーの監視作業と一口に言っても、様々な種類があります。

データセンター内のサーバーが正常に稼働しているか、定期的に巡回して確認する巡回監視は、データセンターの規模による違いもありますが、およそ一時間から二時間程度となっており、ミスをしないように声を出し指差しチェックをすることが基本です。

ハードウェアの容量が指定値を超えた場合にアラートを送る、ハードウェア監視も行います。

サーバーが停止していないかをチェックする死活監視は、外部から特定の信号などを送り、システムが動いているかを調べるという作業になります。

一定の時間間隔で信号を送り、反応が見られない時には迅速に管理会社に連絡をするようにしましょう。

その他にもネットワークのトラフィック監視も行います。

サーバー管理者が提供したサービスが正常に機能しているかを確認することは、非常に重要なことであり提供しているウェブサイトにアクセスして、ユーザーと同じ環境でサービスが動作しているかをチェックするということもあり、ユーザーが支障なくアクセスしサービスを利用できているのかを調べることになります。

サーバーが停止していなくても、機能以上の負荷がかかるとアクセスが遅くなってしまうので、ユーザーが不便に感じストレスとなります。

ユーザーの使いやすさを考えるのも、仕事の一つとなっています。

 

トラブルが起きた時の対処も行う

監視し異常がみられた場合には、連絡してそれで終わりというわけではありません。

システムの異常メールを検知した場合には、それぞれの定められたルールに従い、メールや電話で迅速に連絡をし、システムトラブル対応のオペレーションも行う場合もあります。

 

セキュリティもチェックしておく

監視しているだけで良いわけではなく、ウイルスや外部からの攻撃があった場合には対応するのもサーバー監視の仕事の一つとなっています。

情報流出は信用問題に関わるということもあり、サーバーの安全に関わる監視業務は信頼を守る重要な役割ということは忘れていけません。

企業のサーバー室には、監視カメラが備えられており、入退室と作業が監視されていますが、それでも気を抜かないようにし気をつけなくてはなりません。

 

サーバーの管理は経験がない人でも行うことができる内容も多くなっており、誰もが就くことができる可能性があるのは良いことと言えます。

しかし単調な作業が多く、高いスキルを身につけることができないというケースも多いので気をつけなくてはなりません。

現在では企業のクラウド化が進んでいるということもあり、将来的に需要が少なくなる可能性も考えて起き、何か役立つスキルや資格も身につけておくと、仕事をする際にも役立ちます。

仕事内容をしっかり把握し、責任を持って取り組むべき仕事と言えます。

 

サイト内検索
記事一覧