おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールを導入するときに気を付けたいこと

クラウド環境が広がってきてサーバーの需要が高くなってきています。

運用するためのサーバーは常に稼働していることが必須となり、トラブルを回避することが重要です。

サーバーの状態を把握することで迅速な対応が可能となります。

そのために必要なのがサーバー監視のツールを導入することです。

数多くあるツールの中から選ぶためにはいくつかの注意点があります。

サーバーの監視する方法による違い

サーバー監視と言ってもいろいろな種類があります。

その違いがわからないと正しいツールを選ぶことができません。

監視は大きく分けて、異常の発生を通知することを目的にするものと正常に動作していることを表示すること目的にするものがあります。

正常に動いていることを確認する手段として死活監視があり、専用のアプリケーションからの応答があることを確認するものです。

サーバーが使っているハードウエアの状態を電圧や温度の確認によって行うものもあります。

パフォーマンスを確認することで状況を監視する方法もあります。

ある程度の値を超えてパフォーマンスが低下していると異常と判断します。

サーバー上のアプリケーションが動作していることを監視することも一つの方法です。

サーバーからのアウトプットであるネットワークのモニタリングをすることで通信状況に異常がないかを確認するものも利用されます。

これらの方法は、それぞれで機能する場合もありますが、複合的に利用することで確実なサーバー監視が可能になります。

多機能である事のメリットとデメリット

ある一面だけを見ているだけでは、トラブルを見逃す恐れがあります。

そのためいくつかのツールを導入することが重要ですが、1つで多機能なものを利用すると便利です。

機能が充実しているものを利用すると監視対象が1つで済むため確認が容易になります。

ログデータなどの監視も一つにまとめられるためいろいろなデータを見る必要もなく、複数のデータを見ながら分析する必要がないため重要なデータを見逃すなどの人為的なミスが少なくすることが可能です。

機能が増えればその分システムが大きくなっていきます。

大規模なシステムはそれだけ費用が高くなります。

サーバー数が多い時にはそれだけコストが高くなることがデメリットです。

また、多機能なシステムは動作が複雑になり、負荷が増加します。

限られたサーバーのリソースを使ってしまうため、運用に影響を与える恐れがあります。

不要な機能は使わないので最低限の機能を持つツールを選んだ方が安心です。

あまり欲張るとデメリットの方が強くなり、せっかく導入した意味がなくなります。

現状だけではなく将来を見据えて選定する

サーバー監視をする時に現状の不安をリストアップして条件を決定することになりますが、それだけではすぐに使えなくなる恐れがあります。

サーバーはシステムの大きさに応じて拡張しながら使うことになります。

せっかく導入したサーバー監視ツールが拡張のたびに使えなくなるのでは、毎回設定をやり直す必要に迫られて運用どころではありません。

将来の拡張がどのような方向性なのかだけでも決めておくと、導入の際に条件がはっきりして、適切な選択をすることができます。

どの程度の頻度で実施されるのか、その時の拡張の程度がどれぐらいなのか、導入するツールならどのぐらいの拡張まで耐えられるかなどを考えておきます。

必ずいつか適用できない時が来ることになりますが、それまでの時間をいかに長く稼ぐことができるかによって、運用の余裕が変わってきます。

特に新たなシステムを追加するような計画がある時には、それを見据えて対応できるサーバー監視ツールを選定するように注意しましょう。

新しく入れたシステムが対応していないことで新たなツールを導入して複数管理するような状況は避けるべきです。

 

サイト内検索
記事一覧