おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サイバー攻撃とは?どんな種類があるの?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/22

ネットワーク上で情報発信をするためには、サーバーを利用して作成した情報を送受信することでおこなわれます。それによって最新の情報をいち早く手に入れられるのですが、ただその利便性と引き換えに問題になっているのがサーバーへの攻撃です。サーバーへの攻撃のことをサイバー攻撃というのですが、その種類は多岐にわたります。

サイバー攻撃で有名なのはウイルス感染

サイバー攻撃で一番有名な種類といえばコンピューターウイルスによる攻撃です。情報端末やサーバー内部では、円滑に動くように数式をデータ化してロードを繰り返しています。このコンピューターウイルスというのは、誤ったデータを詰め込んだ情報を情報端末やサーバーに送り込む手段です。誤った情報を送り込まれたサーバーは、適切なロードができなくなります。

その結果として誤った情報によって誤作動を起こすことでサーバー自体が破損するか、本来おこなってはいけない動作を繰り返すことで使い物にならなくなるのです。感染経路はウイルスの入ったホームページにアクセスするか、スパムメールのように不特定多数の人間にメールを送り付けることで誤って開いてしまったときに感染するという形です。

ウイルスの厄介な点は、一度感染するとシャットダウンや再セットアップをしても残るようにプログラミングされている点になります。そのためサーバー管理をするのであれば、怪しいホームページやメールは開かないことが重要です。

パスワードを盗み取ることによるハッキング

サイバー攻撃において、気づかないうちに厄介なことになるのがハッキング攻撃です。サーバーに関する情報のやり取りというのは、ワードなどで書いた文章を送信するときに一度数式として変換してデータ化してまとめてから送る形になります。そのデータ化してまとめるときに、ほかの人から見られないように厳重に数式を構築して防御した後に送るのです。

しかしハッキングというのは、その厳重に数式で構築した情報をいろいろな方法で解読して丸裸にしてしまう方法になります。丸裸にされてしまった情報は筒抜け状態であり、第3者に簡単に閲覧されてしまうのです。もし記録されている情報の中に、個人情報やクレジットカード情報などがあると第3者にわたってしまい悪用されてしまいます。

実際に企業がハッキングを受けたことで、情報漏洩したことによって大損害を受けた事例は多々あるのです。残念ながらハッキングを生業としている人間のことをハッカーと呼び、常に企業や国はこのハッカーとの戦いを強いられています。

ハッキングの手段としては先に言ったコンピューターウイルスを使っての誤作動を利用したものから、ハッカー自身が作成した解読用ソフトを用いて厳重な数式を突破するなどがあるのです。ただこれらは一般的なハッキング手口であり、情報端末の進化によってハッキングの種類も増えています。

万全の準備をすることが大事

ネット環境の充実は生活を豊かになりましたが、ただウイルスやハッキングといった悪意ある人間の助長にもつながっています。サーバー管理をするのであれば、常にウイルスやハッキングとの対決は避けられないものということをあらかじめ認識しておくことが重要です。

そのうえで対策としては、最新式のウイルススキャンができるセキュリティソフトやネットワーク企業がサービスとして実施しているサーバー管理もしくはハッカーの攻撃を防いでくれるホワイトハッカーを雇い入れるなど対策が必須になります。

 

ホームページを作成及び運営をするうえで、利用する側は常に安全性をチェックしていないといけないです。特にさまざまな情報が蓄積されているサーバーは、個人及び国が保有しているハッカーにとっては格好の獲物になります。コンピューターウイルスやハッキングを一度受ければ、全ての情報が壊れるもしくは盗まれることで信頼性は失われます。そのためサーバー管理をするのであれば、必ずセキュリティを充実させておくことが大事です。

サイト内検索
記事一覧