おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視の代行サービスとは?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/01/08

自社サーバーを運用している場合でもクラウドサーバー上の領域を利用している場合でも動作を安定させて業務に支障を生じないようにするためにはサーバー監視が必要になります。

その代行サービスがあることも知られていますが、一体どのようなサービスなのでしょうか。概要を把握して利用すべきかどうかを判断できるようになりましょう。

監視業務を代わりにおこなってもらえる

サーバー監視の代行サービスの業務内容はその名前の通りで、基本的には監視業務を代わりにおこなってもらうことができます。サーバーの動作を常時チェックして不具合が生じるリスクがあるときには未然に防ぐための対処をするというのが監視業務の基本です。

サーバーが常に稼働している場合には24時間体制で監視を続けることが重要になりますが、社内エンジニアでは十分に監視できる体制を整えられない場合もあるでしょう。

あるいはそもそも監視業務をおこなえる社内エンジニアを雇っていないという場合もあるかもしれません。そのようなときに監視体制を速やかに整えられるのが代行サービスのメリットです。監視業務に詳しいプロのエンジニアによって常時監視してもらうことができるので、安心してサーバーを利用することができるでしょう。

監視の仕方には二通りの選択肢がある

代行サービスにサーバー監視を依頼するときには大まかに分けると二通りの選択肢があります。

一つ目は昔ながらの方法で、エンジニアに常駐してもらう形をとって監視をするやり方です。ネットワークの状況によって現場に常駐して監視してもらうか、リモートで監視する仕組みにするかを選ぶことになります。リモートの場合には安くて済む場合が多いものの、社内で閉じられたサーバーの場合には利用できません。

また、ハード面のトラブルが起こったときには対処してもらうのが難しいという問題もあることは念頭に置いておきましょう。どちらの場合でもエンジニアが常にサーバーの状態を確認しているのでほとんど障害が発生することがなく、障害が起こってもすぐに解決されるのが一般的です。

二つ目はだんだんとスタンダードになっている方法で、専用の監視ツールを導入して運用してもらうやり方です。ツールに組み込まれたプログラムによって監視と対処をおこなえるようにする仕組みになっていて、基本的にはエンジニアが常駐することはありません。

定期的にログを確認して新たなプログラムを追加したり、既存のプログラムを改善したりしてより適切な監視をおこなえるようにしてくれるのが通例です。運用を続けていくうちに未然にトラブルを防ぐことができるようになっていくため、長い目で見てサービスを利用することが重要になります。

代行サービスの提供会社もいろいろある

サーバー監視の代行サービスを提供している会社にもいろいろなところがあるので代表的な二つを知っておきましょう。まず、サーバー監視を専門業務としている会社があり、どんなサーバーの監視でも柔軟に対応してもらうことができるのが特徴です。

一方、クラウドサーバーでアプリケーションやツールを提供している会社が、サーバー上の領域を使っているユーザー向けに監視サービスを提供していることもあります。自社で構築したサーバーなので仕組みをよく理解しているのがメリットで、トラブル発生時の対応力が高いと期待できるでしょう。

 

サーバー監視の代行サービスはサーバーの状態を常時チェックして、障害を未然に防いだり障害発生時に対処したりしてくれるのが特徴です。エンジニアを常駐させて監視するサービスも昔から多いですが、ツールを使用することで自動的に監視と対処をおこなえる仕組みを作っているところもあります。

代行サービスに監視を専門としているものや、自社が提供しているサーバーの監視に特化したサービスなどいろいろなものがあるので、状況に応じて適切なものを選ぶのが肝心です。

サイト内検索
記事一覧