おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバー監視ツールは24時間365日稼働してくれる?

サーバー監視ツールはサーバー上で動作する各種のサービスなどが正しく稼働しているかを監視します。

サーバー上で各種のサービスプロセスが稼働しているかどうかを観察するのは比較的簡単な監視となります。

サーバー監視ツールは24時間365日稼働しますが、監視ツールによってどの程度の監視ができるかは差があります。

 

便利な機能などを確認する

サーバー監視ツールは24時間365日稼動しますし、異常を感知するとすぐに管理者に通知してくれるので安心してサーバーの活用したい企業に人気となっています。

サーバー監視ツールは障害を検知して、すぐに通知するシステムがあります。

高度な機能がある監視ツールは、複数のサーバーを一元的に管理することができます。

サーバーの状態をモニター上で確認できると便利です。

一つのツールだけで複数のサーバーを管理すると、コストパフォーマンスは高まります。

サーバー監視ツールを選ぶ時は、利用の難易度を知る必要があり簡単に操作ができるツールは人気があります。

利用の難易度の確認はフリー版で行うこともできます。

フリー版で利用度の難易度が低いと判断してから、有料版に切り替えてより高度な機能を活用するという活用の仕方もあります。

フリー版を活用すると24時間安定的に動作するかなどの確認もできます。

 

管理のしやすさを確認する

サーバー監視ツールを導入する時は、管理画面の操作のしやすさで選ぶのも大切です。

管理画面が明確で分かりやすいと、サーバーの管理も楽になります。

サーバーの管理は24時間365日する必要があるので、管理画面を重視するのは大切です。

サーバー監視ツールは外国製であることが多くて、管理画面が日本語などで書かれていると人気となることもあります。

管理画面の良さなどもフリー版で確かめると良いです。

サーバー監視ツールは自由度の高さを重視して選ぶこともありますし、全体的なバランスの良さで選ぶこともあります。

サーバー監視ツールを導入する際には、サポートにかかるコストを考える必要もあります。

サポートが良いとコストパフォーマンスが高くなります。

サーバーの異常には時間帯を問わずに素早く対応する必要がありサポートの良さを重視するのは大切です。

 

どのような監視をするかを考える

サーバーの状態を監視する時は、サービスを提供できているかどうかを確認します。

異常が発生したら管理者に素早く知らせる必要もありますし、正常にサーバーが稼働している時も管理者に正常にサーバーが作動していることを伝える必要もあります。

サーバーを監視する時はネットワーク機器の物理的な故障がないかも監視します。

ソフトウェア監視と同様にハードウェア監視も大切です。CPU、メモリ、ハードディスクや電源供給装置が正常に動作しているかの確認は重要です。

どのハードウェアが故障しているかをすぐに見つけるのは大切です。

サーバーのパフォーマンスを監視する時は、サーバーの負荷情報を知る必要もあります。

ネットワーク使用量などを定期的に確認して、しきい値を超えてないかどうかの監視は大切です。

こうした監視も24時間365日行うことができます。

 

サーバー監視ツールは24時間365日正常に作動する必要があり、何か異常が生じたら管理者にすぐに知らせる必要があります。

こうしたツールを導入するコストを考える時は、サポートのコストを考えるのが大切です。

サポート力がありトラブル時に迅速に対応してくれる会社に、ツールの導入を依頼するメリットはとても大きいです。

サーバーの安定的な運用は、サーバーが正常に作動しているかをいかにツールで監視するかにかかっています。

サイト内検索
記事一覧