おすすめのサーバー・ネットワーク監視ツール(ソフト)を比較ランキング形式でご紹介!【工場ネットワークの監視にも評判】

サーバーネットワーク監視ツールランキング!

Patrolclarice(パトロールクラリス)の画像
豊富な監視機能を持ったエージェントレス監視ツール
比較ランキング第1位は、Patrolclarice(パトロールクラリス)です。

Patrolclariceは、株式会社コムスクエアによって1999年に開発され2005年に製品化、販売が開始されたサーバー監視ツールです。

「国産エージェントレス監視」の草分け的な監視ツールであり、利用社数は4000社を突破しています。

「かゆい所に手が届く」そんなきめ細かい監視設定と運用のしやすさは、数多くの導入企業から高い評価を得ています。

Patrolclariceはエージェントレス監視でありながら、ネットワーク・ハードウェアリソースなどの基本的な監視から、各種サーバーOS・各種アプリケーションに至るまで豊富な監視機能をもつサーバー監視ツール。

開発部隊によるきめ細やかでスピーディーなサポートが提供されています。

監視・運用サービス事業者向けには24時間365日のサポート体制があるのも嬉しいポイントです。

監視対象ノード数ではなく、豊富な監視機能のうち、使う機能にのみ費用がかかる特徴的なライセンス体系が魅力です。

また、無料で使える死活監視(PING)やSNMP監視などの機能があるのもならではの特徴。

幅広く深い高度な監視設定により効率的な運用が実現できるできるため、監視運用の品質向上と工数削減を両立できることがメリットです。

さらに、同社が提供しているソフトウェアロボット(RPAツール)や、自動電話通報サービス(Cloud)と連携することによって、人が行っていた運用業務の自動化を促進できることも大きなメリット

一方、デメリットとしてはハイスペックなサーバー監視ツールであるため「簡易的なサーバー監視ツールで十分」という人にはオーバースペックになるかもしれないというものが挙げられます。

おすすめポイント

<Point 1.>
4,000社以上の利用実績がある!

<Point 2.>
エージェントレス監視でありながら豊富な監視機能

<Point 3.>
開発部隊によるきめ細かでスピーディなサポート

<Point 4.>
使う機能にのみ費用がかかる特徴的なライセンス体系

Patrolclarice(パトロールクラリス)の基本情報

価格帯 ソフトウエア(パッケージ)
【100ptテーブルライセンス】
ライセンス料:50万円
年間使用料:33.6万円
基本情報 会社名:株式会社コムスクエア
電話番号:050-1709-4168
受付時間:9:00~18:00(平日)
導入企業例 株式会社ドン・キホーテ
株式会社日立製作所
KDDI株式会社
など

Patrolclarice(パトロールクラリス)の詳細情報

【4,000社以上の利用実績!国産エージェントレス監視の草分け】

比較ランキング第1位のPatrolclariceは、株式会社コムスクエアによって1999年に開発され2005年に製品化、販売が開始されたサーバー監視ツールです。「国産エージェントレス監視」の草分け的な監視ツールであり、利用社数は4000社を突破しています。出発点が自社データセンターということもあり、国内データセンターやMSP事業者など、監視・運用サービスの基盤としての実績も多く、顧客要望を取り込みバージョンアップを重ねてきたことで有名です・・・

【Patrolclariceがおすすめな6つの理由】

Patrolclariceには6つの特徴があり、これらを考慮することによりランキングを1位に決定しました。1つ目の特徴は、導入と運用の負担を軽減するための「エージェントレス方式」です。エージェントのインストール作業が不要になっている上、エージェントのバージョンアップなどメンテナンスも不要になっています。稼働しているシステムをストップすることなくサーバー監視ツールの導入ができます・・・

SytemAnswer(システムアンサー)の画像
簡単な設定で大規模なサーバー監視を実現
比較ランキング第2位は、SytemAnswer(システムアンサー)です。

SytemAnswerは、アイビーシー株式会社が2008年12月にリリースしたサーバー監視ツールです。

リリースされてから現在までシリーズ化されていて、継続的にアップデート版がリリースされています。

1,400以上の導入事例があり、有名企業が利用していることでも知られています。

サーバー監視ツール運用担当者の様々な悩みを解消できるように多くの工夫がなされていて、ストレスフリーなサーバー監視環境を実現してくれます。

2019年3月現在、初代SytemAnswerのサーバー監視ツールは販売を終了しています。

代わりに、「SytemAnswer G3」「SytemAnswer G2」という2つのサーバー監視ツールが用意されています。

サポート体制が充実していることも特徴で、導入支援サービスと運用支援サービスにより導入時も導入後も安心してサーバー監視ツールを使い続けられます。

100社以上の機器のMIBテンプレートの範囲であれば、非常に簡単に詳細な監視設定が可能というのもメリットです。

一方、監視システムの構成自体が複雑になるケースがあるというデメリットもあります。
おすすめポイント

<Point 1.>
1,400以上の導入事例!

<Point 2.>
1分単位の監視が可能

<Point 3.>
100社以上のネットワーク関連機器に対応するマルチベンダー対応

<Point 4.>
導入・運用支援など導入前後の技術サービスが充実

SytemAnswer(システムアンサー)の基本情報

価格帯 監視項目数別ライセンス価格
基本情報 会社名:アイビーシー株式会社
電話番号:03-5117-2780
導入企業例 千代田区役所
日本農産工業株式会社
株式会社ロックオン
など

SytemAnswer(システムアンサー)の詳細情報

【導入事例は1,400以上!有名企業も利用するサーバー監視ツール】

比較ランキング第2位のSytemAnswerは、アイビーシー株式会社が2008年12月にリリースしたサーバー監視ツールです。リリースされてから現在までシリーズ化されていて、継続的にアップデート版がリリースされています。アイビーシー株式会社は2002年に創業されてから10年以上ネットワーク監視に特化して経営を続けてきた会社です・・・

【運用担当者の様々な悩みを解決】

SytemAnswerには、サーバー監視ツール運用担当者の様々な悩みを解決できるような配慮と工夫が用意されています。例えば、「機器ごとにツールが違っていてどれをチェックすればいいか不明である」という悩みに対しては、「100社以上のネットワーク関連機器に対応しているマルチベンダー対応」という解決策が用意されています・・・

OpManager(オーピーマネージャー)の画像
Windowsアプリケーションであり迅速に導入可
比較ランキング第3位は、OpManager(オーピーマネージャー)です。

OpManagerは、ゾーホージャパンが提供している総合監視ツールで、国内では2004年からリリースされました。

親会社は米国で設立され現在はインドに本社があります。

OpManagerを含むManageEngine製品は、ゾーホージャパンではなく国内の販売代理店から購入する流れになります。

米国で開発されたということもあり、言語はグローバルに対応しています。

国内での導入事例には、海外展開している企業や外資系が多いことで知られています。

サーバー監視項目には死活監視だけでなくSNMP監視、WMI監視、リソース監視などがあり、様々な項目が用意されています。

ユーザーの利用しやすさを重視して、運用担当者が悩みやすい事柄を解消できるような配慮が多数なされています。

導入後には「年間保守サポートサービス」というサポートを受けられることや、Windowsアプリケーションであるためインストールから運用開始までがスピーディーなことがメリットです。

ただし、グローバル製品であるため本国照会が必要なサポートのレスポンスが遅いことや、レポート表示などの管理画面が遅いことはデメリットです。
おすすめポイント

<Point 1.>
グローバル言語に対応

<Point 2.>
2,500以上の装置テンプレート

<Point 3.>
導入後の「年間保守サポートサービス」

<Point 4.>
月に1度セミナーを開き実演紹介や質問会を開催

OpManager(オーピーマネージャー)の基本情報

価格帯 通常ライセンス:51.9万円~
年間ライセンス:23.4万円~
基本情報 会社名:ゾーホージャパン株式会社
電話番号:045-225-8953
導入企業例 福岡ソフトバンクホークス株式会社
トラスコ中山株式会社
東京応化工業株式会社
など

OpManager(オーピーマネージャー)の詳細情報

【サーバー監視項目が幅広く用意されている】

OpManagerのサーバー監視では、死活監視はもちろんSNMP監視も行えます。SMNPの管理情報はMIBというファイルに定義されていて、MIBにはRFCで規定された「標準MIB」とベンダーが独自に機械固有の管理項目を公開している「プライベートMIB」の2つがあります。OpManagerなら標準MIBだけでなく、カスタムされた項目を含めたプライベートMIBの監視も可能です・・・

【ユーザーの利用しやすさを重視!運用担当者の悩みを解消】

OpManagerでは、ユーザーの利用しやすさを重視して、サーバー監視ツール運用担当者が抱えやすい様々な問題に対処してくれています。例えば、装置の検出や登録をする際の難易度の高さは「ディスカバリ」機能で解消されています。エージェントのインストールは不要とお伝えしましたが、OpManagerなら検出は自動で実施してくれます・・・

第4位 X-MON
X-MONの画像
「障害エスカレーション機能」で迅速な対応をしやすい
比較ランキング第4位は、X-MONです。

株式会社エクストランスが提供するオープンソフトウェアをもとに開発されたサーバー監視ツールです。

2004年7月にリリースされ、以降定期的なアップデートを繰り返しながら現在まで運用されています。

サーバーはもちろんネットワークも監視できるツールであり、ハードウェアの死活状態やHTTP・SMTPなどのサービス状態、CPUメモリのリソース状態やトラフィックなどを調べられます。

サーバーに発生した障害は自動音声やメール、ブラウザなど様々な方法で通知してくれます。

代表的な機能として「障害エスカレーション機能」が挙げられ、サーバーに障害が発生しても迅速な対応をしやすい環境です。

管理者と連絡が取れない場合でも上長が問題発生を知ることができるほか、設定によっては自動で復旧を試みてくれます。

そんなX-MONの最大のポイントは「サポート体制が充実している」ことであり、監視する内容の設定から各種機能の使用方法など、マニュアルではわかりにくいことも丁寧にサポートしてくれます。

さらに、インストール時もサポートしてくれるため安心してサーバー監視ツールを導入できます なお、別料金でインストール代行や監視設定の代行にも対応してくれます。

オールインワンパッケージであるため機能は豊富ですが、機能が多い故にオーバースペックになるというデメリットもあります。

90日間のお試し無料体験版が用意されているため、興味のある人はこちらからスタートしてみてもいいかもしれません。
おすすめポイント

<Point 1.>
「障害エスカレーション機能」が便利

<Point 2.>
監視項目が多彩なオールインワンパッケージ

<Point 3.>
設定方法や各種機能の使い方などサポートが充実

<Point 4.>
90日間のお試し無料体験版

X-MON

価格帯 Standard版(ライセンス無制限)
製品価格:105万8,400円
基本情報 会社名:株式会社エクストランス
電話番号:0800-9191-365
受付時間:9:00~17:00(平日)
導入企業例 NTTビジネスソリューションズ株式会社
株式会社NTTPCコミュニケーションズ
pepex株式会社
など

X-MONの詳細情報

【「障害エスカレーション機能」で障害発生時も迅速な対応を】

X-MONの代表的な機能に、「障害エスカレーション機能」というものがあります。これは、障害が発生してからの経過時間によって様々な対応をすることができる機能です。例えば、障害発生時にはまず管理者へ通知がいき、そのまま改善されない場合はしばらくすると上長へ通知が送られます・・・

【操作やインストールなど万全のサポート体制が特徴】

そして、X-MONの最も大きな特徴として「サポート体制が充実している」というものが挙げられます。契約者には監視する内容を設定するための方法やそれぞれの機能の使用方法など、操作マニュアルだけでは理解できないことも詳しく説明・サポートしてくれます。さらに、監視対象によっては検証なども実施してくれ、技術的な内容の質問を受け付けてくれます・・・

ZABBIX(ザビックス)の画像
コストは抑えられるものの運用ノウハウがなければ困難
比較ランキング第5位は、ZABBIX(ザビックス)です。

ZABBIXは、アレクセイ・ウラジシェフによって開発され、ラトビアが本社のZabbix社によって運営されている監視ツール。

日本での代理店は新橋のZabbix Japan合同会社が行っています。

サーバー監視はもちろんネットワーク監視・クラウド監視・サービス監視など、ほとんどの監視はZABBIX1つで実現可能であり、複数の監視を一括で管理したい方にとってはとても便利です。

ただし、設定が複雑であるという難点があり、自社にかなりITに長けた人材がいなければ導入は難しいでしょう。

また、他サービスと比べると動作が重いという難点もあります。

ZABBIXはOSSという性質上、監視対象の規模に依存しない保守費用となります。

その結果、監視コストを削減することが可能です。

監視対象の台数は増えても定額費用ですが、監視サーバーの台数が増えた場合には追加費用が発生します。

直感的なインターフェースで利用できることやコストを抑えられることは大きなメリットですが、自社に設定・運用のノウハウがなければ導入は難しいサーバー監視ツールでもあります。
おすすめポイント

<Point 1.>
直感的なインターフェース

<Point 2.>
監視対象の規模に依存しない保守費用のため監視コストを削減できる

<Point 3.>
監視対象の台数が増加しても定額費用で利用可能

<Point 4.>
サポート種別により担当者の数や内容に差が出る

ZABBIX(ザビックス)の基本情報

価格帯 テンプレート1つ/1-3日間/91,000円
テンプレート2つ/4-6日間/84,000円
テンプレート3つ以上/7-9日/77,000円
カスタムパッケージは要問合せ
基本情報 会社名:Zabbix Japan LLC
電話番号:03-4405-7338
導入企業例 株式会社ゆめみ
福岡大学
株式会社ワイイーシーソリューションズ
など

ZABBIX(ザビックス)の詳細情報

【OSSのサーバー監視ツールであるためコストを削減できる】

ZABBIXはOSSという性質上、監視対象の規模に依存しない保守費用となります。その結果、監視コストを削減することが可能です。さらに、サービスの特性として監視対象の台数が増えたとしても定額費用で利用できるのは嬉しいポイント。監視サーバーの台数が増えた場合には追加費用が発生する仕組みです。サポートには種別が設けられていて、担当者の数や内容に差が出ます・・・

【ZABBIXの監視ソフトウェアについて】

ZABBIXが便利なのは、監視データを柔軟に活用できるというものです。統計データはRDBMSに保存され、グラフ・レポートを色々な組み合わせ・期間で表示できる環境です。さらに、外部ソフトウェアからも簡単にアクセスできるので、「自社独自のインターフェイスを作成したい」などのカスタマイズを行いやすいです・・・

よく読まれている記事

サーバー監視ツール選びに迷っている人のためのサイトです

サーバー監視ツール選びに迷っている人のためのサイトです私は情報通信業者に勤めるサラリーマンです。

私はある日突然上司から「サーバートラブルによるサービス停止のリスクを考え、サーバー監視を行ってくれ」と言われました。

サーバー監視という言葉について馴染みのなかった私は、上司に「サーバー監視とは何か、どんなことをすればいいのか」と尋ねましたが、上司からはよくわからない答えしか返ってきませんでした。

そこで私は本格的にサーバー監視のことについて調べ始め、「サーバー監視とは私自身が1人で行うものではないのか」と理解しました。

24時間365日パソコンの前に張り付いているわけにはいきませんし、私にはITの知識もありません。

そこで調べ始めたのが専門知識を持った技術者が24時間365日体制でサーバーを監視してくれるサービスについてです。

自分なりにどのサーバー監視サービスが最も優れているかを吟味してから上司へ導入を提案して見ましたが、「コストが高すぎる」と一蹴されてしまいました。

その時は「そんな無茶な」と思いましたが、上司を説得するのは難しそうであるためなんとか他の方法はないかと探しました。

そこで目にしたのが「サーバー監視ツール」の存在です。

サーバー監視ツールは技術者がサーバーを監視してくれる有人監視ではなく、完全にコンピューターがサーバーを監視してくれる無人のツールだったのです。

「これだ!」と思いサーバー監視ツールの導入を本格的に検討しはじめたのですが、私にはITの知識が全くなく、どのサーバー監視ツールを選んでいいかさっぱりわかりませんでした。

その時に1人の友人の顔が浮かび、友人へ相談してみることにしました。

友人はIT系の技術者で、自宅のパソコンの不調やトラブルを度々直してもらっていたのです。

(私はパソコンのことすら詳しく理解していませんでした。)

友人から「それぞれのサーバー監視ツールがどのように違い、どんな特徴があるのか」をわかりやすく説明してもらい、やっと自社に最適なサーバー監視ツールを見つけることができました。

これを上司へ提案したところ、「これならOKだ」と認めてもらい、自社への導入が決定しました。

私は、同じように「どのサーバー監視ツールを選べばいいか全くわからない」と悩んでいる人の力になれればと思い、このサイトを立ち上げました。

サーバー監視ツール選びの参考になれば幸いです。

おすすめのサーバー監視ツール情報一覧

さて、本サイトではおすすめのサーバー・ネットワーク監視ツールを比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の監視ツールで、便利な機能を豊富に備えていたり、サポート体制などにも力を入れているので、特徴などをしっかり把握して検討してみてください。

各サーバー監視ツールの詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社コムスクエアアイビーシー株式会社ゾーホージャパン株式会社株式会社エクストランスZabbix社
実績4000社以上の利用実績1400以上の導入事例1800以上の導入事例導入実績数不明導入実績数不明
おすすめ監視ツールPatrolclarice(パトロールクラリス)SytemAnswer G3(システムアンサー)OpManager(オーピーマネージャー)X-MONZABBIX(ザビックス)
特徴エージェントレス方式
豊富で高度な監視機能
・柔軟なライセンス体系
死活監視+品質監視
・システムの冗長化
グローバル対応の言語
・多様な監視機能
API拡張で管理と設定の簡易化
・障害エスカレーション機能
複数の監視を一括管理
・監視データを柔軟に活用
無料体験版の有無○(一部機能)○(G2のみ)○(30日間)○(90日間)○(オープンソース)
製品化2005年2008年2004年2004年2004年
サポート24時間365日のサポート体制平日9:30~17:30の受付平日9:00~18:00の受付24時間365日のサポート体制平日9:00~18:00の受付
※上記以外は英語による対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは導入実績や機能面といったところでしょう。

ただし、どんなに優れているツールでも、導入や操作が難しすぎてうまく利用できないと本末転倒なので、サポート体制についても重要なポイントとなるでしょう。

自分の目的や希望にあったサーバー監視ツールを上手に選びましょう。

そもそも「サーバー監視」とは?

こちらのサイトをご覧いただいている皆さんは、「そもそもサーバー監視とは何か」ということをご存知ですか?

上司から「これからの時代はサーバー監視が重要だ」などとぼんやりとした指示を受け、よくわからないままにサーバー監視について調べていませんか。

サーバー監視とは、運営しているWebサイトやシステムなどのサービスが正常に動作しているかを監視する行為のこと。

最大の目的は、サーバーに何らかの障害が発生してしまいサービスがストップまたは遅延していることを、管理者が迅速に知ることです。

サーバー監視には主に2つの種類があり、それは「異常監視」と「正常監視」です。

異常監視はその名の通り、サーバーに異常が起きていないかどうかを監視することです。

サーバーに異常がありサービスがストップしていたり遅延していたりすることを管理者へ知らせてくれます。

通知の手段としてはメールや自動音声、Webブラウザへの表示やランプ点灯などいろいろなものがあります。

そして、もう1つの正常監視はサーバーが正常に働いていることをサーバー管理者がいつでも確認できるようにすることです。

ほとんどの場合、監視ツールのステータス画面に表示されます。

サーバー監視の代表的な方法を知ろう

サーバー監視の代表的な方法を知ろうそれでは、次にサーバー監視に使用される方法について解説します。

その1つ目の方法は「死活監視」です。

死活監視はサーバー監視の中で最も代表的な監視方法であり、サーバーが停止せずに動作しているかどうかを監視するというものです。

一般的な手法としては「PING」というコマンドをサーバーに対して定期的に送信して、一定の期間内に正常な応答があるかを監視するというものです。

サーバー監視ツールによっては監視用アプリケーションを監視対象であるサーバーにインストールする必要があり、その際にはサーバー内のアプリケーションから正常な応答があるか監視します。

また、死活監視以外にも様々な監視の方法があります。

例えば、「負荷状態の監視」です。

不可状態の監視とは、サーバーにかかっている負荷の状態を監視するというものです。

これはパフォーマンス監視とも呼ばれ、CPU使用率やハードディスクの使用率、メモリ使用量やネットワーク使用量などの付加情報を監視します。

負荷の状態を定期的に取得した上でしきい値を超えていないか、サーバー監視ツールは常に見張ってくれます。

しきい値とは正常なサービスを提供できる限界値のことを指し、サーバーに対する負荷が高くなるとサービスに遅延が発生することもあります。

そのほかには「アプリケーション監視」というものがあります。

アプリケーション監視ではサーバーに搭載されたアプリケーションが正しく稼働しているかを監視してくれます。

例えば、正常や異常のログを出力しているアプリケーションについては、それを監視することになります。

なお、Webアプリケーションの場合は定期的に特定のURLへ自動でアクセスし、正しい応答が行われているか監視してくれます。

そのほかには「ネットワーク監視」という方法もあります。

ネットワーク監視はサーバーはもちろん、ネットワーク機器の間のネットワークに問題が起きていないかを監視するというもの。

通信が混雑していたり途切れていたりする場合に、どのネットワークで発生しているかを目で見てわかりやすいように対処すべき機器を見つけてくれます。

ネットワーク監視は死活監視と同じようにPINGの監視を外部から実施する際や、ページへアクセスした際に正常に表示されるかを監視することがあります。

それ以外には「ハードウェア監視」というものがあり、ハードウェア監視ではサーバーやネットワーク機器に物理的な故障などのトラブルが発生していないかを監視してくれます。

例えば、「電源を供給するための装置が故障していないか」「CPU・メモリ・ハードディスクの温度が以上に高くなっていないか」などが監視されます。

サーバー監視ツールは有人監視よりはるかにコストを抑えられる

サーバー監視ツールは有人監視よりはるかにコストを抑えられる有人でサーバー監視を行うサービスも存在しています。

その場合には専門の技術者が24時間365日体制で監視を行ってくれ、リソースの不足やサービスがストップしてしまうなどのサーバーの異常を早期検知・普及してくれます。

有人サーバー監視の場合、異常を検知して担当者へ知らせるところまでが仕事の場合もありますし、自ら復旧を行うまでが仕事の場合もあります。

いずれにしろ、有人でのサーバー監視は人の手がかかるぶんどうしてもコストがかさみがち。

もしかすると、このサイトを見ている方は「現在は有人でサーバー監視をしているものの、コストがかかりすぎるからサーバー監視ツールを探している」という人も多いかもしれません。

または、「自社にサーバー監視の担当者がいる」というケースもあるかもしれません。

有人サーバー監視には有人ならではのメリットがありますが、最近のサーバー監視ツールは非常に進化しているため、コストダウンのためにも安定的なサーバー監視のためにも、サーバー監視ツールを導入するのが一般的です。

無人のサーバー監視ツールには主に「商用プロダクト」と「OSS(オープンソースソフトウェア)」の2種類があり、サーバー監視の目的や状況に応じて使い分けるのが一般的です。

商用プロダクトの場合はサーバー監視だけでなく、ジョブ管理や資源の配布管理などシステムを運用するために必要な機能がトータルで盛り込まれていることが多いです。

システムをトータルで管理したいのであれば、商用プロダクトを利用すべきです。

商用プロダクトのサーバー監視ツールにはある程度の費用が必要になりますが、それでも有人サーバー監視よりはコストダウンを期待できます。

対するOSSは、自由にカスタマイズしやすい分OSSに関する知識やサーバー監視ツール運用担当者自身のスキルが求められます。

ある程度ITに精通している企業でなければ、OSSを活用してサーバー監視をするのは難しいでしょう。

もしOSSに関するスキルが不足していて外部にサポートを依頼する場合、そのコストが必要になります。

また、OSSの仕様によっては監視機器の台数が中小規模しか想定されていないことがあり、大規模な監視を必要とする場合に対応できないことがあります。

サーバー監視ツール選びのポイントまとめ

それでは最後に、サーバー監視ツールを選ぶ上で大切なポイントをお伝えします。

それは、「どういった目的で監視したいのか」を明確にすることです。

先ほどの項目で紹介したように、監視の方法にはいくつかの種類があります。

死活監視をしたいのか負荷状態の監視をしたいのか、アプリケーションの監視をしたいのかハードウェアの監視をしたいのか、などどういった目的でサーバー監視ツールを導入するのか明確にしましょう。

ネットワーク障害やサービスダウンなどにそこまで急を要する対応が必要でないのであれば、死活監視さえできていれば「サービスが正常に動作しているかどうか」を調べられるため、それ以外の監視は必要ありません。

一方、「サービスが正常に動作しているか」という確認に加えて「サーバーにかかる負荷はどうか」「メモリはどの程度使用しているのか」などについても把握したいのであれば負荷状態の監視機能が備わっているサーバー監視ツールを選ばなくてはなりません。

負荷状態の監視機能があれば、ネットワーク環境を整え、機器を買い替えていくタイミングを見極めやすいです。

このように、サーバー監視ツールを導入する目的が明確になれば、どのサーバー監視ツールを選べばいいのかは必然的に絞れてくるのです。

おすすめなのは監視に必要な機能がオールインワンで含まれている製品ではなく、必要な機能だけを選定して必要なぶんの費用で抑えられるサーバー監視ツールです。

本サイトの情報がみなさんのサーバー監視ツール選びの参考になれてれば幸いです!

 

サイト内検索
記事一覧